お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

伊集院光が長渕剛のNEWアルバム『BLACK TRAIN』と戦って痩せた!2週連続企画の第1弾!2017年8月16日(水)放送分(TBSラジオ 伊集院光とらじおと 月〜木 朝8時半〜11時)

伊集院光とらじおと

「伊集院光とダイエットとアーティストと」

伊集院光がアーティストの楽曲を聞きながら、ひたすら運動をする企画の特別編ということで、池袋から信濃町までの7キロを、本日(16日)発売の長渕剛さんのニューアルバム『BLACK TRAIN』を聞きながらランニング。その時、感じたことを長渕剛さん本人に直接ぶつけさせてもらいました。

伊集院光とらじおとダイエットとアーティストとhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170816092030

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

*第二弾!長渕剛さんは、スペシャルウイーク初日、来週21日、月曜日のゲストコーナーにもご登場頂きます。こちらは長渕剛さんの歴史に迫ります!お楽しみに!

長渕剛

長渕剛

『BLACK TRAIN』

1.Black Train 2.嘆きのコーヒーサイフォン 3.Loser 4.かあちゃんの歌 5.マジヤベエ! 6.ガーベラ2017 7.愛こそすべて 8.自分のために 9.誰かがこの僕を 10.Can you hear me?

聞いた瞬間、ランニングのペースが落ちた「かあちゃんの歌」

【伊集院光】
この『かあちゃんの歌』を、今ラジオを聴いている87才のじいちゃんはどう思うか?専業主婦のあなたはどうか?登校拒否のあなたはどう聞くか?っていうのを僕はすごく知りたくなった。

【長渕剛】
もう母が亡くなって数十年たちますけど、やっぱりひとつずつ歳を重ねるごとにその母への思いっていうのは強くなるよね。必死で幸せってなんだろう?っていうことを見つめながら生きていたような気がする。いま思うとね。だから、親への思いっていうのは年々強くなってね。で、亡くなった母と父のその小さな骨を自宅の神仏のところにちゃんと祀っているんですよ。で、それをなにか自分が戦いに出るというか、なにか「よし、がんばるぞ!」っていう時にかならずその骨を両の手で温めるようにすくってですね。それでまあ、お祈りをするんですよ。

で、「亡くなったかあちゃんにもっといっぱい話しておきゃよかったな」っていう思いがものすごくこみ上げてくるの。そういう歌かもしれない。これは。いま、あのお袋に生きていたらなにを話すんだろう?って。「かあちゃん、これでよかったかな? ちったあ剛は立派になったかな? まだだよね?」とか。そんな思いですかね。

そりゃあ、伊集院も走れなくなるわな(笑)。1回、立ち止まるもんな。そこで(笑)。

ランニングの結果

『BLACK TRAIN』の世界観にもだえながら、立ち竦みながら7キロ完走した伊集院光。なんと、体重も700グラムのダイエットに成功!この模様は、タイムフリーでお聞き下さい。