お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「Life貨幣論~お金について本気出して考えてみた」Part4【音声配信】TBSラジオ「文化系トークラジオLife」

文化系トークラジオ Life ニュース版
塚越健司さん&宮崎智之さん(撮影:ササキミチヨ)

塚越健司さん&宮崎智之さん(撮影:ササキミチヨ)

出演:charlie(鈴木謙介)、楠正憲、三上洋、速水健朗、西森路代、塚越健司、倉本さおり、海猫沢めろん、斎藤哲也、宮崎智之

「Life貨幣論~お金について本気出して考えてみた」part4(25’22″)

○VALUのイロハ教えます
・VALUを「個人への値付け」と否定的に見てしまう(リスナー)
 →VALUで何百万円と手に入れる(常見陽平さんからのメール)
 →築き上げたものを叩き売りしてすべてを失った感じ(メール)
 →いい加減さを感じる(メール)

・VALU自体はビットコインである必要はない(三上)
 →個人の社会的評価をお金に(三上)
 →SNSでの評価に応じて運用できる株(VA)が決まる(三上)
 →株のような配当・議決権・優待はない(三上)
 →発行した人は何も保証しなくていい(三上)

・本人が自分についた評価を換金できる(速水)
 →「その人の社会的評価が上がる」と思ったらVAを買う(三上)
 →その価格はどうやって決まるのか(宮崎)
 →実際にはネット株と同じ(三上)
 →今後上がりそうな人に目をつけて上がったら売る(charlie)

・ファンクラブみたいなものかと(倉本)
 →トレーディングカードにも例えられる(三上)
 →VAを買ったからと言って相手には何も要求できない(三上)

・確定申告と出資法的にどうなるのか(塚越)
 →税金のことはまだ始まったばかりでわからない(三上)
 →VALUは見返りがなく金融商品ではないから出資法の範囲外(三上)
 →インサイダー取引は可能?(宮崎)
 →やり放題(三上)

・ ユーチューバーのやらかし(charlie)
 →個人が個人の評価を売るしくみをつくるときに
   何も考えてないインターネットの雑さ(charlie)
 
○ビットコインは国家から自由か
 ・常識を超える新しいお金の仕組み(charlie)
 →そろそろ規制や逮捕者もあり得る(charlie)
 →裏付けとなる資産がない分振れ幅は大きい(楠)
 →2013年の高騰とその後の暴落(楠)
 →ビットコインで買える様々な通貨のための需要(楠)

・「濡れ手に粟」は良くないみたいな感情(charlie)
  →世論が反対の方向に高まったり規制に動いたりするか
  →規制する側はあまりビットコインに触りたがっていない(楠)
  →きっかけになるのは多国間の枠組み(楠)
  →やめるべきという議論はもう日本ではできない(楠)

・通貨らしきものが共同で管理出来て楽に使える(charlie)
 →一方でテロの資金にも(charlie)
 →インターネットは自由と言いつつ国単位で規制(charlie)
 →インターネット的いい加減さの綱引き(charlie)
 →仮想通貨にたいする政府の影響力は大きい(楠)
 →2013年の高騰の大きなきっかけはキプロス危機(楠)
 →銀行がだめになったときの代わりの資金として注目(楠)
 →アメリカのマネーロンダリング規制機関が仮想通貨を認める(楠)
 →ビットコインがもてはやされる背景には明らかな国の力(楠)
 →テロリストに利する仕組みである可能性(charlie)

・人民元を規制する中国には都合の悪いビットコイン(楠)

            text by 千葉彩佳

○Life関連アーカイブ

2011/02/27「ふぞろいのグローバル化」
https://www.tbsradio.jp/life/20110227/index.html

2016/06/26「有名税とのつきあい方」
https://www.tbsradio.jp/life/20160626/index.html

評価経済社会・電子版プラス

このパートでかけた曲
●有坂美香”dis”(塚越健司さん選曲)
無限のリヴァイアス