お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム

本屋、それは最後の自由(フリーダム)。

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル初代の浪漫飛行も掲載されているポパイ9月号の特集は「君の街から本屋が消えたら大変だ!」でした。
この本がアマゾンで1位になるのは何とも皮肉!
流通形態が便利になることは良いことなのかもしれないですが、本屋さんで本を買う人が減少しているなか、地方の本屋さんは特に厳しい状態のようです。
先日、いろいろな諸事情で、タビリオンで一緒にブックセレクト&販売をしているgrowbooksが現店舗を撤退、次の店舗が決まるまで、一時休業となってしまいました。タビリオンとは運命共同体のような本屋ですから、相当ショックでした。
しかも、まさに、ポパイ9月号が発売されるタイミングで…。
基本的に自分は本屋と映画館しか行かない人間ですから、街の本屋さんが無くなるのは本当に困ります。
自分にとって、映画館は現実逃避の場所であり、本屋はたくさんの本のたくさんのダメな登場人物達がダメな自分を受け入れてくれるような…そんな場所なのです。
growbooksという本屋は、それプラス、店主もダメなため、より一層、居心地の良い場所でしたし、自然とお店の常連であるダメ仲間ができたりして、ダメ人間達のサロンのような本屋でした。
街から本屋がなくなるというのは本を嗅いだり、触れたりして買えなくなる以上の大きなものがあるのではないでしょうか?
もう女性を嗅いだり触れたりすることもない自分にとって、お触り自由の(本の)癒し空間は本屋だけなのです。


二代目しまおまほが店主の喫茶店「TABiLiON」(山梨県南都留郡富士河口湖町小立3490)
近くにお立ち寄りの際は、ぜひ、足をお運びください!


このコラムは、TBSラジオ AM954+ FM90.5で、
毎週土曜日夜10時から2時間生放送でお送りしている
『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』の番組準レギュラーである、
二代目しまおまほさん(※一般の中年男性)による、 WEBでしか読めない格調高い下ネタコラム。
毎週の放送後に更新。