お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「お代はツケで!」そんなツケ払い・後払いの今と昔

森本毅郎 スタンバイ!

今回は、“支払い”のお話です。「お金は後で払いますのでっ!」という“後払い”や“ツケでの支払い”というのは聞いたことがあると思いますが、そんな中、今週カジュアルな衣料品で知られるユニクロとジーユーが、ネット通販で“後払い”ができるようになったことを発表しました。9月13日(水)は、レポーター中矢邦子がTBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で『ツケ払い・後払いの今と昔』について取材報告しました。

★ネット通販で拡がる後払い・ツケ払い

ファストファッション大手のネット通販で後払いとはどういうことなんでしょうか。まずは、生活経済ジャーナリストの柏木理佳さんに伺いました。

生活経済ジャーナリスト 柏木理佳さん
ユニクロとジーユーはおととい、ネットで買い物をするときの決算方法として、“後払いの決済”を導入しました。これはスマートフォンやパソコンからオーダー・注文を決定した日から14日以内にコンビニ・銀行・郵便局などで決済、支払うことができるというものです。これまでのクレジットカード払いとは違う方法なんですよね。アパレル業界では、ゾゾタウンが昨年11月から“最大2か月後”に支払いができるサービス“ツケ払い”というのを始めていて、その利用者が1年足らずで100万人を突破してるんです。10代、20代の利用者がこのサービスの半数を占めています。このツケ払いが非常に人気があるので、ユニクロやジーユーもこういった後払いをはじめたんじゃないかと思います。

ゾゾタウンでは、ネット通販で購入した後日に、請求書がきて、2か月以内に払えばOKという“ツケ払い”というサービスを去年から始め、利用者が100万人を超えました。そうした“後で払うサービス”が人気とあって、今回ユニクロとジーユーもやりますよ、という話のようです。

しかも、ゾゾタウンのツケ払いの利用者は、10代が16%、20代が41%と半数以上が30歳以下の若い世代なんです。

★ツケ払いのメリット「お金がない時に手軽に利用できる」

では、実際に、このゾゾタウンのツケ払い、若い世代がそんなに利用したことがあるのか。きのう、原宿で10~20代のみなさんに聞きました。

原宿駅周辺で聞く「ツケ払い」の実情は…?

原宿駅周辺で聞く「ツケ払い」の実情は…?

●「ハタチで、学生です。ツケ払いやってますね。かばんを5千円くらいで。9月いっぱいに支払い終えないといけない…いま支払い前です。」
●「ハタチの保育士です。(ツケ払いを利用したこと)あります。いろいろ買って、合計1万円超えて利用しました。楽かなって思って。」
●「23歳のテニスのコーチです。(ツケ払いの利用は)何回か…5回くらいあります。デニムを1万円くらいで買いました。」
●「18歳で学生です。友だち4人で遊び行く予定あったので、友だちの分のチェックのシャツも買って2千円くらい。みんなから後でお金貰えばいいやと思ったので。」
●「23歳、美容関係です。あります、ツケ払い。ゾゾで5千円。スカートとか靴。今月は払えないから、次の月で払おうかなとか…手軽さがあると思います。」

きのう聞いた若い世代の5人に1人くらいが「ツケた」経験がありました。ちなみに、ゾゾタウンのツケ払いの利用者、100万人のうち、男女比は7割が女性・3割が男性というデータもあるんですが、実際に昨日聞いた時の男女差もほぼ同じで、女性が多かったです。

★買ったは良いけど「支払いが面倒臭い・タイミングが合わない」

ただ、このツケ払い。良いことばかりではないようで、1回した人からは後悔の声も聞かれました。

●「楽かなって思ったんですけど、あとで書類がきてコンビニで払わなきゃいけないんで、面倒臭いです。」
●「便利ですけど、後々きつくなったりします。支払うことを忘れがちなので、後々支払い用紙くると、やばいなと。だからいま使ってないです。」
●「利用したくて利用したんですけど、その場で払った方がいいなって思いました。服とか、シーズン毎に変わっちゃうので。シーズン終わった後に後払いで2か月後にくると“なんで前のシーズンの物のお金を払わなきゃいけないんだろう”っていう気持ちになってしまいます。服とかの後払いは、んーって思ってしまいます。」

最後に後悔していた女性は、夏はお金を使う場面が多いので、夏用の透明バッグをツケ払いで7月に買いましたが、もう使わない夏のバッグのためにお金をいまさら払いたくないと話していました。

支払いを先送りしても、忘れた頃に払ってくださいね、と請求書が来ますので、だったらあの時払っておけば良かったという声が多かったです。

ただ、もし払えないと督促がきて返済に追われてしまいますので、ツケ払いなどは借金と同様のリスクがあるという注意が必要です。

★一刀両断のご意見も!「ツケで物買うなら最初から買うな」

その一方で、ツケはしないという若い世代もいました。

●「23歳で教習所で働いてます。ツケ払いしたことないです。良いとは思うけど、自分は買いすぎてしまうので、あんまり使いたくないかな。やっぱり代引きの方がそのときにお金払えるから後々回ってこないから良いかな。」
●「24歳の学生です。概念としてはわかります。でも、ツケなムリなものはやらんとこうって感じ。服は現物が見たいっていうのもあります。お金の管理は難しいので、ツケな払われへんものはやめとけ!と言いたいですね。」

自分は買いすぎるので自制している・服は現物を見て買いたいという意見が出ました。2人目の男性は大阪弁で、「ツケなきゃムリなものは買ったらアカン!」とお話していました。

★ツケは回ってくるもの、計画をもって利用すべき!

では、最後に、今回の若い世代に多い“ツケ払い”。上の世代の人たちはどうみるのでしょうか、聞きました。

●「自分でできる範囲でやってく、昔の人間だから。着る物をこういうもので買ってはダメですよ。」
●「昼もお店やってますが、なんでも後払いってのは辛い、飲んでてもその場の方が楽じゃないですか。」
●「若い子は、そりゃ破綻する元ですな。自分らの体験で言えば、若い頃は一切ツケしませんでした。持ってる金以外は絶対使わない。いまは立場上やむなく。私が使ってる祇園のお茶屋さんの支払いはカード払いは無い、信用だけ。この間も取引先を連れていったら一晩で29万円。今でもそれはありますね。」

最後の方は、今も京都の祇園で数十万円をツケて遊ぶという会社のオーナーの方でした。そんな豪快な遊び方をする大人もいらっしゃいましたが、みなさん若い世代のツケには一様に、やめた方が良いという声でした。

中矢邦子

中矢邦子が「現場にアタック」でリポートしました!