お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

ワンダのコーヒー飲もうか飲まないか迷ってるみんな〜?迷わない。飲むの。

TBSラジオキャスターリポート

TBSラジオキャスターの石井美江です!

IMG_ishiimie 石井美江
TBSラジオキャスター。ハンドメイドやモノづくりが好き。
お酒を飲むのは大好き。

「今日から一緒に働く」「史上最高の」「キャリアウーマンです」
いつもの真っ黒なヘアスタイルを金髪へと一新したブルゾンちえみさんが高らかにうたいあげる缶コーヒーのテレビCMをもうご覧になりましたか?
出演者が会社員に扮する、アサヒ飲料の缶コーヒー「ワンダ」のCMがパワーアップしたということで、東京・品川のインターシティホールで行われた新CMの発表会に行ってきました。
CM出演者の皆さんによるハチャメチャな新CM発表会の一部をリポートします!

●「コーヒー苦手だもんな」……ほんとにコーヒーのCM発表会!?

今回新しくなったCMは「ワンダ」「金の微糖」「モーニングショット」の2種類。
壇上には今までもCMに出演していた部長役のビートたけしさん、部下役の劇団ひとりさんハライチの澤部さんが登場。

▲左から劇団ひとりさん、ビートたけしさん、ハライチ澤部さん

▲左から劇団ひとりさん、ビートたけしさん、ハライチ澤部さん

まず澤部さんがCM作りにかけた思いを「3人で話し合って朝から元気になってもらおうということで……」と力強い口調で話し始めたところ、すかさず劇団ひとりさんから「澤部さん頑張ってましたね、コーヒー苦手ですもんね」とちょっかいをかけるという、早速雲行きの怪しい展開に。
さっきまで真面目トーンだった澤部さんも「そんなこと一言も言ったことないわ!」と大慌て。
司会の方が「もめてますが……」と苦笑いすると、ビートたけしさんは「仲悪いね」とニヤリ。
思わず「これ、新CMの発表会……?」と疑問符を浮かべてしまうような「ワンダ」の新しいCM発表会がスタートしました。

●濃いやつが来た

気をとりなおしてCMについてトークが展開し、「金の微糖」について話の流れが移ったところで急に会場が暗転。「お疲れ様です!」とハリのある高らかな声が上がり、BGMが響くと「withB」のお二人を引き連れたブルゾンちえみさんが登場しました!

▲舞台ではなく会場のど真ん中から派手な登場

▲舞台ではなく会場のど真ん中から派手な登場

「金の微糖」高級豆ならではのコク深い味わいが強化された「濃い」味が特徴。そこでCM内で濃い新入社員に扮したブルゾンさん。「金の微糖」に合わせてイメージチェンジした金髪について、撮影現場でも違和感がなく好評だったという話で盛り上がるとビートたけしさんが「天津甘栗を焼く前みたいな頭だね」とぼそり。
撮影現場の和気藹々とした様子が見えるようです!

●ワンダの缶コーヒーにちなんだ“質問”

「様々な社員それぞれの性格を掴んでおくのは上司として必要なこと」というとで、CM内で部長役のビートたけしさんから部下役の3人にお題が出されました。
「モーニングショット」の特長である「スッと飲めて、キリッと苦味」にちなんで「人生で最もキリッとした朝は?」という質問には劇団ひとりさんが「(寝起きに)マウスピース(を口に突っ込まれた朝)」、澤部さんが「子供が生まれた朝」ブルゾンちえみさんが「(初めて行く現場に向かう)今朝」と回答。
質問役のビートたけしさんは「ワンダを飲んだ時キリッとしました、そういう意見を期待していたのにこいつら」と部長役らしくキリッと突っ込みながらも、「オレはね……」と「ワンダ」にちなんだトークから逸れていきます。
そんな中TBSラジオリスナーがびっくりするような脱線が!

●前向きになるためにしていることは?

「ワンダ」は「前向きになることを提供する」ブランドだということで、「前向きになるために行うことは?」との質問に劇団ひとりさんから「僕が前向きになるためにはこれですね。TBSラジオのハライチのターンをきく!」という回答が飛び出します!

▲照れながらも嬉しそうなハライチ澤部さん

▲照れながらも嬉しそうなハライチ澤部さん

なんと劇団ひとりさん、「ハライチのターン」の熱心なリスナーだそう!「普通ラジオってコーナーがあるんですけど、コーナーがないんですよ、トークの展開によってコーナーが変わっていくから一瞬も聞き逃せない」と語気を強め、発表会の最後にも、「ぜひ記事に書いてください」と強調してくださいました。ありがとうございます!
前向きになるコーヒーとラジオ、みなさんもぜひお試しください。

●缶コーヒー1本で絆が生まれることだってある

脱線と下ネタだらけの発表会でしたが最後にビートたけしさんから、いいお話が。
「チョコレート1個もらっただけで、あの時たけしさんに一生ついて行こうと思った」と後輩に言われたことがあるそうで、「金額が大したことのないものでもコーヒーを一缶買ってあげるだけで以外に絆が深まることもある」と、会社での円滑なコミュニケーションのコツを話します。

▲ひと缶のコーヒーから一生慕われることになるかも!?

▲ひと缶のコーヒーから一生慕われることになるかも!?

「ちょっとしたことをちょっとしたことだと思わずに、その結果がすごく大きくなるってことを意識してやってほしい」これが何よりも大切なことなのだと思います。
先輩が後輩に何気なく差し出した缶コーヒーが絆を産むことがある。
そんなちょっとしたことにつながるような缶コーヒー「ワンダ」の新しいCMをぜひご覧ください。