お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

おすすめラジオクラウド 興味R「フードマウンティング おにぎりVSお寿司」

ラジオクラウド

こんにちは。文字起こし職人のみやーんです。僕が選んだラジオクラウドのおすすめコンテンツを紹介するコーナーの第七回目。今回は『都市型生活情報ラジオ 興味R』より「フードマウンティング おにぎりVSお寿司」です。

様々な興味・関心事に対して、実際に聞いてみたりやってみたりして検証していく番組『興味R』。その人気企画の「フードマウンティング」はあるメニューの食材と違うメニューの食材を混ぜて食べたとき、果たして一体どちらの味が勝つのか? 人はいったいどちらの味と認識するのか? を検証するしていくものです。

この企画は番組内でこれまでに2回、行われていて「ラーメンVSうどん」(ラーメンの麺をうどんのつゆに入れたものを食べたら、それはラーメンと感じるのか? うどんと感じるのか?)、「味噌汁VSラーメン」(味噌汁にラーメン麺を入れたら味噌ラーメンになるのか?)という、どちらも非常に興味深い検証結果となっていました。この検証から、うどんとうどんたらしめているのは何か? ラーメンをラーメンたらしめているのは何か? という食べ物のメニューの輪郭がよりはっきりと見えてきて、とても面白いんですよね。

そんな人間の味覚と認知の根本を探る企画の第三弾、今回は「おにぎりVSお寿司」! お寿司の具材であるネタ(刺身)とシャリ(寿司飯)、そして海苔を使っておにぎりの形に握ったものを食べたら、果たしてそれはおにぎりと感じるのか? それともお寿司と感じるのか? そんな検証をしていきます。

用意されたサーモンとマグロの刺身を具にしたお寿司おにぎりを番組アンカー熊崎風斗さんと週替りゲストのサイプレス上野さんが実食。その判定結果は……。

それでは2人、勝者の名前をコールしてください。おにぎりVS寿司、勝ったのはどっちだ? レッツ、ジャッジ!(古川耕調査員)

おにぎり!(熊崎風斗&サイプレス上野)

ということで、お寿司の具材を使っておにぎりの形に握ったものは「おにぎり」と感じられるという判定結果になりました。具材がお寿司のものなんだから、お寿司なんじゃないかな? と思って聞いていたので、個人的にはとっても意外な展開でした!

僕、正直ね、寿司が勝つなと持って臨んでいたんですよ。……おにぎりでした。なかなか具材までたどり着かないっていうおにぎりならではの趣深いところとか、あと海苔で巻いているので、海苔の割合がお寿司の海苔と比べて多いですし。海苔の感じとかがおにぎりっぽいんですよ。お寿司側も結構がんばっていて、酢飯の主張が結構伝わってくるんですよ。でも、おにぎりのこの見た目とかには勝ててないんですよ。(熊崎風斗)

熊崎風斗さんによるこの感想を聞いて、「たしかに!」と納得してしまいました。さらに古川耕調査員の分析によるとこの結果にはおにぎり側、寿司側それぞれに問題があるようです。

おにぎり側の問題は、昨今コンビニでおにぎりを買うと、いろんな具材のおにぎりがあるじゃないですか。たまごかけごはん風だったり、唐揚げ的なのが入っていたりとか。おにぎりがどんどんいま拡張している時期で、我々は「おにぎりって結構なんでも有りじゃん」って思っている頃合いですよ。なので我々、おにぎりに対する概念を広めに取っている。(古川耕)

寿司側の問題は、まずそもそも寿司側にある「手巻き寿司」。あれは「寿司」とそもそも呼んでいいのかっていうところ、ありませんか? 上司に「寿司、食いに連れて行ってやるよ」って言われて手巻き寿司が出てきたら、どうします? あと、鱒寿司とか押し寿司とか従来の(握り)寿司のイメージとは違うようなものも我々はだいぶ知るようになってきたので、寿司側も寿司らしさを失いつつあるんじゃないかと。(古川耕)

しかし、この検証はこれでは終わりません。ここにさらにあるものを加えると、状況は一変! 今度はお寿司が優勢になってしまったのです。それが何かは、実際にラジオクラウドの音声を聞いてたしかめてみてください!

興味R「フードマウンティング おにぎりVSお寿司」

ラジオクラウドアプリ誕生!

ピックアップ