お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

今年豊漁のブリは「ソテー」がオススメ!フライパン一つで簡単に出来て、しかも美味しい

ジェーン・スー 生活は踊る

いま、秋の味覚である、「秋サケ」や「さんま」の値段が高騰していて、「秋サケ」は2倍、「さんま」は5倍にまで値上がりしているんです。主婦の方々にとって、これは大問題…そんな中、吉報が。ブリが豊漁というニュースが飛び込んできました!

「今月から始まった北海道の秋サケ漁、サケに紛れてブリが獲れる獲れる」
「昨年の水揚げ量は15トン。今月1〜11日までで130トンも獲れた」

そこで、今回はブリ特集。紹介するのは「美味しいブリの見分け方&簡単ブリレシピ」です!

【美味しいブリの見分け方】

この番組にも出演して頂いた、料理研究家の浜内千波先生に聞いたところ…
*青背の色が濃いもので、膨らみがあるものを選ぶのがオススメ!
*切り身を購入する際には…ほんのりピンクで、脂が縞のようになっているものを選ぶと脂がのっていて美味しい!

【簡単ブリレシピ】

臭みとりがいらない、フライパン一つでできる…「ブリのソテー」がオススメ。クックパッドでブリ料理の検索一位となったこのレシピ。ブリを調理する時に面倒なのが、臭みとりですが、このレシピだと臭みとりが必要ないんです。実際に作ってみました!

<用意するもの>
・ぶり(脂の乗った腹身がおススメ) ・しょうゆ  ・みりん  ・塩(あればクレイジーソルト) ・コショウ  ・小麦粉

<作り方>
①ポリ袋に、ブリ、しょうゆ、みりんを入れて軽くなじませ、冷蔵庫に入れて約10分置く。
②冷蔵庫から出し、ブリに、塩、コショウを、両面にまんべんなく振る。
③更にぶり小麦粉を全体に、振る。
④フライパンに油を入れて火をつける。ブリを皮目から入れフタをして、弱火で焼いていく。
⑤焼き色がついたらひっくり返し、フタを取って焼く。火が通ったら中火にして、両面カリッと焼く。
ブリ

試食してみると・・・
「身がふっくら。血合いのところも美味しく食べられる!和洋、どちらの料理にも合いそう!」

【栄養たっぷりなブリ】

浜内千波先生にブリの栄養についても聞いてみると・・・
「良質なたんぱく質」「記憶力や集中力の維持に効果がある、DHA・EPAが、多く含まれている」とのこと。高温で揚げたりするよりは、焼いたり、短時間煮る方が残りやすいんだそうです。

秋の味覚「ブリ」、手軽に美味しくいただいてみてはいかがでしょうか!

ピックアップ