お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 プレミアムフライデー。月末がいい?月初がいい?

森本毅郎 スタンバイ!

今日は9回目のプレミアムフライデー!(もう9回目なんですね!)今月11日には、経団連の榊原会長は『月末ではなく月初めに変更したほうがいいのでは』と見直しを検討する考えを示した。また、世耕経済産業大臣も15日の記者会見で『見直すところがあれば見直す」』述べました。月末がいいのか、月初がいいのか、どっちが良いんでしょうね?そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、毎週金曜日は金曜日恒例サラリーマンの声!!今日9月29日(金)は、レポーター近堂かおりが『プレミアムフライデー。月末がいい?月初がいい?』実態調査をしてきました!

金曜日恒例サラリーマンの声 『プレミアムフライデー。月末がいい?月初がいい?』

★月末がイイよ!

●「月末のままでいいです。なんだかんだプレミアムフライデー、ウチの会社でもそれらしいのを導入していて少し運用に乗ってきたんで、またそんな急に替えなくもいい。月末バタバタするけど月初も月初で忙しかったりするんであんまり変わらない。」
●「月末のほうがいい。月末の方が色々、ひと月終わって解放感があるし、給料も入った後でしょうしね。」
●「月末の方がまだ気分的には良いかなって気はする。月末って一回締めるじゃないですか、そのタイミングで一回早く帰ってリフレッシュしましょうってところだと月末の方がイイ。」
●「月末ですね。給料が出た後ですから。お金がないとどこにも行けませんので。気分もイイ、お金あるし。財布の中が元気な時ほど何かしたいなって思う。」

お給料が出た後っていうのは大きいですよね。多くの方は25日が給料日。今日は29日ですから、まだお財布の中が元気!
早く帰れても軍資金がなければ何も出来ないですものね。そうやってお金を使えば、経済も回っていく・・・それが狙いなわけですし。一方、月初がイイ!という声です。

★月初がイイよ!

●「やっぱり、ひと仕事、あ、ごめんなさい、月初かな。月末は仕事の都合で締めだから色々とね。お客さんとの絡みもあるし、それ以外に社内の色々な締めもあるから、であればむしろ月初の方が時間的には取れるかな。」
●「月初の方がいいでしょうね。月締めだから全部。請求書とか色んな物あるでしょ。月に締めないとお金が貰えないとか、計算が出来なくなるから、そうするとそれが終わらない限り帰れない。給料だって月で締めてそれが翌月の給料に入るわけだから、締まらなければ給料遅れてもいいですよってわけにはいかない。優先順位を考えたら絶対に月末はしんどい。」
●「月末は結構忙しいから、返って月初めのほうがいい。忙しいというか、追われることが結構あって締切とか。例えば営業だと数字をここまで上げなきゃって時に帰ってられないっていうのはある。だから返ってちょっとホッとした月初のほうがより良いのかなとは思う。」

やっぱり月末は忙しい!!月末はお金に余裕はありますが、今度は時間的に余裕がない!!だったら、それが終わった月初の方がいいよ、ということでした。早く帰れないのでは意味ないですものね。今回、伺った中では『月初の方がイイよ!』という人が多かったです。そんな中、こんな声がありました。

★第2金曜日か第3金曜日がいいね!

●「月初のほうがイイと思います。月末の仕事って当然のことながら立て込んでくるのでやっぱり4時に帰れっていうのはムリだよね(3時ですよ)3時4時ね。何だかんだ言って一旦出て戻ることもあるからね。自宅に持ち帰ることもあるので、であれば、出来れば第二金曜日がいいね。(月初でもなく?)うん。月初はまた引きずるものもあるから。その月の立ち上げは色々と業種によってはあるかと思うし、前の月の引きずりがあるので。仕事ってやっぱり繋がっていくので単発でそこで終わるという話ではないので、そしたらやっぱり翌月処理しなきゃいけないこともあるので、第一金曜日が1日2日ってことだってある。であれば第二・第三金曜日がベストじゃないのかなって思います。」

新しい案が出ましたよ!月末も月初も忙しい。確かに今月・9月の第1金曜日は1日!!1日から、プレ金だから帰ります、とは言えないですね、確かに。環境も整っていませんしね。それならば、第2もしくは第3金曜日がいい!とのこと。でも、そうなると今度は懐具合も気になってくる頃ですが・・・。プレ金はいつがいいのか?これなかなかムズカシイですね。さて、最後に、本日のプレ金の予定を聞きました。

★今日のプレ金、ご予定は!?

●「明日はダメだ、締めだからちょっと遅くなるかもしれない。あの時間には帰れないかも。3時はちょっと厳しいかも。」
●「いや、全然そういう感じではないので。帰れる感じもないですし特別ウキウキもしない、実態は。」
●「関係ないですね。そんな余裕はないですね。でもお客さんはやってる。時間になると今日はプレ金だから帰りなさいって。だから仕事残っても帰ってますよね。」
●「全然、今言われるまで気付かなかった。忘れてるんじゃなくあんまり気にしてなかった。」
●「正直、プレ金ってあんまり関心はない。(明日プレ金)確かに。普通に仕事しています。というか、そもそもあんまりプレミアム感もないし、会社としても特にそれをやっているわけではないので。」
●「明日も仕事です。ウチの会社は一切浸透してませんので。いや~お客さんに伺っても全然話題にならない。ネタにはなりますけど。」

プレミアムフライデー、全然、浸透していませんね~!なかなか厳しいです。今日で9回目のプレ金。過去8回の取得率を伺うとゼロと答えた方がほとんど!となると、『月末がいい、月初がいい』という話ではなく、『プレミアムフライデーそのもの』の見直しが必要なのかも・・・。

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。