お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


投打が噛み合いDeNAが快勝!巨人とのゲーム差は再び0.5に!

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

本日のエキサイトベースボールは
横浜スタジアムの  DeNA-阪神 の最終25回戦を、
解説: 「天才ホームラン・アーチスト」 田淵幸一さん
実況: 戸崎貴広アナウンサーで
お届けしました。

昨夜は阪神先発・能見の前に打線が沈黙。
いよいよ4位・巨人とゲーム差なしとなったDeNA!
依然、有利な立場には変わりありませんが、
心情としては、、、、、まさにがけっぷち!
どうしても落とせない今夜のゲーム、
注目の試合の行方は、、、、、、

DeNA・石田、阪神・メンドーサの両先発でゲームはスタート。

昨夜も大活躍、好調を維持する阪神・糸井、
初回からセンターのフェンス直撃のツーベースで出塁。
今夜もDeNAを悩ませます。
しかし、石田は続く福留をセカンドゴロに打ち取り、
ピンチを脱出。まずまずの立ち上がりとなります。

一方のメンドーサは、初回を綺麗に三者凡退。
投手戦を予感させる立ち上がりとなります。

石田は初回以降も、毎回のようにランナーを
背負うピッチングとなりますが、要所を締めて、
阪神打線に得点を許しません。
メンドーサは安定したピッチングで、隙を見せず
序盤3回をあっという間に終えます。

ゲームが動いたのは4回でした!
好投を続けるメンドーサをDeNA打線が捉えます!
1死から筒香の四球、宮崎の安打で一・二塁とすると、
戸柱のレフトスタンドギリギリに飛び込む9号3ランが炸裂!
安打71本で打点は51!チャンスにめっぽう強い戸柱が
ゲームの均衡を破ります。

これでメンドーサをマウンドから引き摺り下ろしたDeNA打線、
勢いが止まらなくなります!
昨夜の悔しさを晴らすかのように、
6回には、2人目・岩崎を攻めます。
先頭・ロペスが安打で出塁すると、
続く筒香!打った瞬間にそれと分かる特大の一撃!
ライトスタンド中段に26号2ランを叩き込みます!
さらに宮崎、戸柱の連続安打、柴田の内野安打で満塁とすると、
1死から倉本がライトへタイムリーを運び1点。
この回、さらに3点を追加し、大量6点リードとします。

阪神は7回に代打・高山6号ソロで1点、
8回には先頭・糸井の安打、福留の二塁打で二・三塁とすると、
中谷内野ゴロの間に1点を返しますが、反撃もここまで。

9回のマウンドは守護神・山崎康が
きっちりと抑え、DeNAが意地の勝利!
4位・巨人とのゲーム差を再び0.5差と拡げました。

これでDeNAの残り試合が4、巨人は3
ゲーム差0.5のデッドヒートはまだまだ続きます!
DeNAががけっぷちで踏みとどまった今夜のゲーム
勝負の分かれ目について、解説:田淵さんにお話を伺いました。
20170615-tabuchi

田淵幸一が見極めた勝負の分かれ目!

今日は「絶対に負けられない」という
DeNAバッテリーの気持ちがチームを勝利に導いた。
先発の石田は前回の中日戦で
6回無安打の内容をそのまま引き継いだような内容で
テンポよく阪神打線を抑えた。
捕手の戸柱は石田の好投に応えるべく、
4回に先制の本塁打を放った。
やはり先発が良い投球をすると、
一心同体の捕手も気持ち良く打席に入れる。
さらにバッテリーの気持ちが野手へと伝達する。
今日は投打がかみ合った理想的な勝利だ。

先発・石田の粘りのピッチングに
打線の援護!DeNAが理想的な勝ち方で
勢いを増していくのでしょうか?

本日の中継で今シーズンの
エキサイトベースボールのレギュラーシーズンの中継は終了となります。
TBSラジオでは、今後クライマックスシリーズ、日本シリーズの中継を
お届けしてまいります。
2017年シーズン、日本一が決まるその瞬間まで、
エキサイトベースボールをお楽しみください!


TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
https://www.tbsradio.jp/eb/

ナイターシーズンの火曜日から金曜日17:50~試合終了まで放送
TBSラジオ『エキサイトベースボール プロ野球速報』
https://www.tbs.co.jp/baseball/