お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム

中年男性が『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』を観た感想

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル渋谷直角さんの原作ファンということもあり、「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせガール」を中年男性3人組で観て参りました。
男の傷を抉る作品ですから、鑑賞後、心に傷しかない3人組はファミレスで、互いの傷を水原希子さんとブッキーばりにベロベロする事となりました。
劇中の水原さんとブッキーのキスシーン連発繋ぎなんですが、唇とおっぱいはセットであると考える自分にとって、一度ぐらいはおっぱいを触りながらのキスシーンも入れて欲しかったあなぁ…なんて思ったりしました。
(自分は唇と唇が触れる0.001秒前におっぱいを触ってしまうタイプです)。
最近読んだ「ボクたちはみんな大人になれなかった」に通ずる男の傷と成長の物語だなぁ…と改めて思っていたら、作者の燃え殻さんがパンフに寄稿されてましたね。
映画の終盤は初代が声の出演をしているのにも気づかないぐらい苦さに悶えていました。
でも、原作のあかりはサイコ感が強かったのですが、映画版の水原希子さん演じるあかりは小悪魔的な感じでしたから、最後まで水原さんはかわいかったです。
ただハードルが高過ぎる女性でもあるので、個人的に妄想しきれない部分もありました。
もし、スタバで働く設定の有村架純さんが狂わせガールだとしたら、もっと感情移入してしまったかもしれまん。


二代目しまおまほが店主の喫茶店「TABiLiON」(山梨県南都留郡富士河口湖町小立3490)
近くにお立ち寄りの際は、ぜひ、足をお運びください!


このコラムは、TBSラジオ AM954+ FM90.5で、
毎週土曜日夜10時から2時間生放送でお送りしている
『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』の番組準レギュラーである、
二代目しまおまほさん(※一般の中年男性)による、 WEBでしか読めない格調高い下ネタコラム。
毎週の放送後に更新。