お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

日本武道館 最多公演アーティストは矢沢永吉

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今から53年前、1964年のきょう、10月3日に日本武道館が開館しました。ちょうど、この1週間後の1964年の10月10日に開幕した、東京オリンピックの柔道の競技会場として建設されたのが、日本武道館だったのです。

総工費は当時の金額で18億円から20億円と言われており、国の資金と寄付などで賄われたそうです。法隆寺夢殿をモデルにした八角形のデザインで、大きな屋根は富士山をイメージしています。現在もコンサートや武道の試合で使われている東京五輪のレガシーとも言える「日本武道館」。実は、誕生には意外なエピソードがありました。
     
当初、東京オリンピックの柔道は水泳競技の終了後にプールに板を敷いて会場とする計画だったそうですが、急遽、専用の武道館での開催が決定。1年足らずのまさに、突貫工事で完成させたという事です。

1966年のビートルズの来日公演をはじめ、数々の伝説のライブが開催され、「音楽の殿堂」ともなった日本武道館。中でも、音楽ファンで語りぐさになっているのが1982年のオフコースのライブ。何と、武道館で前代未聞の10日間連続のライブを開催したのです。

ちなみに、日本武道館で、最もライブをおこなっている、日本のアーティストは誰か?そのビッグなアーティストは、矢沢永吉さん!今月から7年ぶりのロングツアーが始まるのですが、恒例の武道館コンサートも5回予定されていまして、無事完走したら、武道館での公演の回数が142回となり、最多記録を更新するという事です。
     
本来、武道の為に作られた「日本武道館」。
音楽イベントと武道の大会の使用料は異なるそうで、2015年の6月19日の日本経済新聞の記事によりますと、柔道や剣道のイベントの時は1日50万円。一方、音楽イベントなどの興行の場合は、その10倍以上の550万円だという事です。やはり、武道館でライブをするという事は、アーティストにとって、ハードルが高い事なのかもしれません。
      
TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。