お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

朝ご飯にオススメ!簡単缶詰料理!

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

1877年の10月10日、現在の北海道石狩市でサケの缶詰製造がスタート。
ここから、日本の缶詰生産が本格的にはじまったということで、10月10日が「缶詰の日」に制定されました。

食材のおいしさがぎゅっと詰まった缶詰。
この缶詰の魅力を伝えようと、執筆や講演や商品開発など幅広い活動をしているのが、缶詰博士・黒川勇人さん。缶詰の魅力を知り尽くしている黒川さんは、さまざまなレシピも考案。おつまみ、おかず、デザートまで、缶詰のイメージがガラリと変わるような、簡単でおいしいレシピを紹介していらっしゃいます。
そんな黒川さんが、この番組をお聴きの皆さんのために、朝ご飯におすすめの二品を教えてくださいました。

まずは、「トマト缶」を使ったお料理【トマト・トースト】
材料は、ホールタイプのトマト缶、食パン 、エキストラバージンのオリーブオイル、そしてお好みで塩を少し。
①耐熱皿に食パンを乗せ、上に潰したホールトマトをたっぷり乗せます。食パンの端からこぼれるくらい、たっぷり!
②そこにオリーブオイルをかけて、オーブントースターで焼き、好みで塩をふって【缶成】!
黒川さんのレシピでは、このカンセイのカンという字が「缶詰の缶」なっています。ここ、大事です!(笑)

そして、もう一品が【ライスサラダ】
材料は、残りごはん 、スイートコーンの缶詰、ツナ缶、ピーマン、エキストラバージンのオリーブオイル、そして、ワンビネガー。
①残りごはんをボウルに入れ、オリーブオイルをまぶします。
②これに、スイートコーン、ツナ、粗みじんに切ったピーマンを混ぜ、ワインビネガーを少々垂らせば【缶成】!

とっても簡単なのに、ご家族に「あれ?どうしたの?今朝は凝ってるね」なんて言われるかもしれません。そう!これが缶詰ならではのマジックなんです。材料がそろっている方は、ぜひ今日からお試しください!

缶詰博士・黒川勇人さんのご本、講談社「缶たん料理100」には、ご紹介した二品をはじめ、おいしそうなレシピがいっぱい!缶詰をよりおいしく食べたいという方は、ぜひご覧ください。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。