お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

日本の「タンス預金」総額43兆円 「家庭用金庫」が人気

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日10月17日は「貯蓄の日」だそうです。お金を、無駄遣いせずに大切にしようという意味を込め、1952年・昭和27年に日本銀行が制定しました。秋は収穫の季節でもあり、また伊勢神宮では、毎年この時期に「神嘗祭」が行なわれることが由来になっています。1952年は、サンフランシスコ講和条約が発効した年でもあり、戦後、新しい体制の日本が豊かになるための意味もあったと思います。

さて、総務省が今年5月に発表した「家計調査報告」による、2人以上の世帯貯蓄の平均額がかなり高額だったことが話題になりました。ちなみに「貯蓄」とは、株などの有価証券を含む金融資産の総称です。「預金」「貯金」だけの金額ではありません。そして! 平均値は、突出した値も含まれるため、ごく少数の「ものすごいお金持ち」が金額を押し上げているためで、数学的な「中央値」は少なくなると分析されています。安心しました。

最近は、現金を手元に置く「タンス預金」が増えていると言われています。一昔前は「へそくり」とも言われていましたが、民間の経済研究所の試算では43兆円もあると考えられています。実際、世の中に出回っている紙幣の総額は、ここ10年で2割以上増え。去年初めて100兆円を突破したそうです。つまり、それだけの現金が増えて、家のどこかにあるということですね。タンス預金が増えた理由は、金融機関に預けていても金利が低いこと、また、ATMで引き出す際の手数料を避けるために一度に多くの金額を引き出す傾向があることなどと言われています。

ちなみに、アメリカでは「タンス預金」や「へそくり」のことを、スラングで「アンダー・ザ・マットレス」と言うそうで、理由はベッドとマットレスの間に隠すことが多いから。英語で検索すると、おもしろい画像がたくさん出てくるようです。昨今ではタンス預金用に「家庭用の金庫」の需要も増えているそうで、「万が一火事になっても燃えない耐火型タンス」とか「タンス型金庫」などを開発して販売すれば逆にこれは、大儲けできるかもしれませんね。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。