お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

おすすめラジオクラウド 日曜天国「選挙期間中の放送局の報道姿勢」

ラジオクラウド

こんにちは。文字起こし職人のみやーんです。僕が選んだラジオクラウドのおすすめコンテンツを紹介するコーナーの第九回目。
今回は『安住紳一郎の日曜天国』より「送り手に情報弱者がまわった新しいストロングスタイル」です。

第48回衆議院議員総選挙の投票日が近づく中、現在各党や候補者の方の活動が活発になってきてます。でも、そんな選挙の様子を報道するテレビやラジオの報道姿勢は、以前とはだいぶ変わってきているようなのです。
このラジオクラウドの音源は2017年7月2日の東京都議会議員選挙について、その投票日当日に安住紳一郎さんが話していたトーク。なぜ、放送局の報道姿勢が変化したのか? どのような点に気を使って報道しているのか? などについてをわかりやすく紹介していました。

ここ10年ぐらい、選挙……特に告示されてから、選挙運動が始まってからのテレビやラジオの選挙に関する伝え方がずいぶんと様変わりいたしまして。放送法の4条で「政治的に公平であること」と「意見が対立している問題についてはできるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」ということのかなり厳しい運用の仕方が世の中から求められているという環境の変化がありまして。

本来ですとね、選挙の前日とか投票日こそ最も選挙に対するいろいろな情報が知りたいなと思うところなんですけども。選挙の大勢に影響を与えてはいけないし、公平でない場合が多いという反省をもとに、最近は選挙がないが如く振る舞うというのがスタンダードになりつつありまして……。

ちょうどね、選挙運動が始まる前まではさんざんやっているんですけども、選挙運動が始まった途端にもう「そんなことは知りません」みたいな。選挙が全くないが如く振る舞うっていうね。

どうやら、放送法第4条の運用を厳格に行おうとした結果、選挙の公示日以降は放送各局は選挙が全くないかの如く振る舞うようになってきたようですね。その結果、こんなことまで起きているようです。

私、昨日みたニュース番組でうっかりなんか他のニュースにその該当する選挙に立候補する人の顔なのかポスターなのか垂れ幕なのかが映った場合はそこにモザイクがかかるんですよ。すっごいですよね。映ってもならないという。

「なんでこのシーンは後ろがモザイクだらけなんだろう?」ってよくよく考えてみたら、選挙のポスターがいろいろと貼ってあったのでモザイクがかかっているということなんですね。

そんなところにまで気を使わなくてはいけないなんて、大変ですよね。正直、びっくりしてしまいました。ちなみに、この放送法が適用されるのはテレビやラジオなどのメディアだけ。なので、新聞や雑誌などはどんどん選挙運動などについて報道ができるという事情もあるようです。これまた面白い。しかし、こんな放送各局の姿勢も投票が締め切られた後には一変するのです。

その反動っていうんですか? 投票締め切り後になるともう、各放送局の人たちの腕がもう、手首が捻挫したのか?っていうような「手首クルン!」。手のひら返しがなんか、急にね。「やりすぎだろ!」っていうぐらいな行動の仕方になるっていうね。面白いですよね。見ていてくださいね。本当に。本当、すごいですよ。

公示から投票締め切りまでの約2週間、たまりにたまったものを一気に解放するかのごとく、ものすごい勢いで開票速報など選挙の報道を始めるっていうのも、このような事情を聞くと非常に納得感がありますね(笑)。今回の衆議院議員総選挙でもどんな手のひら返しになるのか、密かに楽しみだったりします(笑)。

さて、こんな縛りのある中、安住紳一郎さんは選挙期間中の新たな報道スタイルを見出しているようです。

私はもう新たな手段として、「私自身が迷っている」ということをお伝えするみたいな、そういうスタイルが面白いかなと思って。私自身、都議会議員選挙。東京都にいま住所がありますんでね。どこに投票するか迷っているということでいいですか? 「どうしたらいいんだろう? 誰か、教えてください!」みたいな。どうでしょう? 送り手の方に情報弱者が回った、新しいストロングスタイル。

たしかに、「迷っている」ということのみを伝えるのであれば放送法にも抵触はしなそうですね。視聴者と一緒に迷っているスタイル、非常に共感しやすい!……かもしれませんが、どうでしょうか(笑)。放送局の中の人ならではの視点が面白いトークでした。

ちなみに、このラジオクラウド音源ではさらに、安住さんがたまたま発見した、なんだかものすごく盛り上がっている工事現場についてのトークも聞けたりします。安住さんの野次馬根性・観察眼が光るエピソードで、こちらもかなり面白いですよ。ぜひぜひ、ラジオクラウドでチェックしてみてください!

「送り手に情報弱者がまわった新しいストロングスタイル」


※ラジオクラウド音声 3:30から選挙報道のトークがスタートします

ラジオクラウドアプリ誕生!

ピックアップ