お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

津軽弁ジャズを聴いてみよう

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

10月23日は「津軽弁の日」。
青森県が誇る方言詩人・高木恭造の命日にちなんで、この日を「津軽弁の日」にしたそうです。

江戸時代、津軽藩と南部藩があった青森県。
ふたつの藩があった地域には、それぞれ津軽弁と南部弁が残されています。
津軽弁は、独特の発音や言いまわしが多く、ほかの土地の人が聞くと、外国の言葉のようにも聞こえるといいます。

そんな津軽弁の特徴と魅力を、ジャズの名曲「ブルームーン」にのせて、ジャズシンガーの伊藤君子さんが津軽弁で歌っています。伊藤さんの津軽弁はとっても流暢。
でも、伊藤さんのご出身は、香川県の小豆島!津軽弁の保存活動を行っている、タレントの伊奈かっぺいさんから「津軽弁でジャズをやってみませんか?」と提案され、〈津軽弁ジャズ〉というこの前代未聞のジャンルをつくりあげたそうです。

日本語の母音は、あいうえおの5つ。でも、津軽弁では、「あ」と「い」の間にあるような難しい母音を使います。伊藤さんは、そんな微妙なところも正確に発音して、美しいジャズナンバーとして歌い上げています。

紹介した「ブルームーン」「ラストダンスは私と」は、伊藤君子さんのアルバム「津軽弁ジャズ〜ジャズだべ!ジャズださ!」に収録されていますので、じっくり聴きたい!という方は、ぜひアルバムで聴いてくださいね。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。