お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

トライアスロン 誕生から40年

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今から40年前、1977年のきょう、ハワイのアメリカ海兵隊員の宴会の席で「マラソン・遠泳・サイクルロードレースの、どれが最も過酷か」と議論になったそうです。結局、宴会の席では比較できなかったので、「この際まとめてやってみよう」という事になり、トライアスロンは考案されたと言われています。トライアスロンとは、水泳(スイム)、自転車(バイク)、ランニング(ラン)の3種目を組み合わせたスポーツ。英語にするとTriathlon(トライアスロン)。『三種複合種目』という意味になります。「3」を意味するTri(トライ)と、「運動種目」を意味するAthlon(アスロン)を組み合わせた造語です。
   
トライアスロンは距離によって、いくつか種類が分かれています。オリンピックをはじめ、多くのレースでは、51.5キロのショートタイプで競技が行われます。他には、22キロほどのレースもあれば、長いもので180キロ以上のレースもあります。40年前に誕生したトライアスロン。日本でも近年、人気が高まっています。
    
なぜ、人気になったのか?きっかけの一つとして考えられているのが、オリンピックと言われています。2000年に開催されたシドニー大会から、正式競技となったことで一気に国内でも競技人口が増えたのだとか。現在は30万人を超える方がトライアスロンを楽しんでいるようです。なお、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでトライアスロンの会場になるのは、お台場海浜公園。その次の2024年のパリ大会では、パリのセーヌ川を泳ぐ計画があるそうです。実はセーヌ川、水質改善が課題となっています。セーヌ川では、1923年、水質汚染による健康への懸念などから遊泳が禁止されました。違反者は15ユーロの罰金が科せられるそうです。ただ、近年は浄水施設の整備などで水質は徐々に改善。2008年には70年ぶりにパリ近郊でサケが釣り上げられました。9月14日の毎日新聞の記事によりますと、生息する魚は水質汚染がひどかった1970年代は2種類でしたが、2016年には32種類に増えているそうです。パリの大会まで、あと7年。きれいになったセーヌ川で、トライアスロンのアスリートが泳ぐ事ができると素敵ですよね。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。