お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

秩父宮ラグビー場に、更衣室が1つしかない理由

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今朝は、リスナーの皆さんから届いたお便りをご紹介しました。お便りにあったのは「秩父宮ラグビー場」。
秩父宮ラグビー場は、ラグビー専用競技場として。1947年に女子学習院の跡地に「東京ラグビー場」として完成しました。1953年に、日本ラグビーフットボール協会の名誉総裁であった秩父宮殿下を偲んで、名前を「秩父宮ラグビー場」と改めています。現在では「西の花園・東の秩父宮」と称され、日本のラグビーの聖地とも言われる「秩父宮ラグビー場」。

リスナーさんからのお便りにもありましたが、なぜ、ラグビーファン以外からの知名度がそれほど高くないのか?その理由の一つとして考えられるのが、ラグビー以外のイベントや競技であまり使われていない事。夏に行われる神宮外苑の花火大会で足を運んだ方はいらっしゃるかもしれませんが、日本武道館や東京ドームのように、コンサートの会場としてはほとんど利用されていません。
 
ちなみに、1964年の東京オリンピックでは、サッカーの競技場として利用されたそうです。その際に、更衣室とシャワー室を2チーム分作るという意見が出たそうですが、却下されたという話もあるとか。その理由は、試合が終わった瞬間に、敵味方の区別がなくなるラグビーならではの精神「ノーサイド」によるものだと言われているそうです。試合が終わったら、敵も味方も一緒にシャワーに入る。素敵だと思います。
 

お聴きの皆さんもぜひ、お便りを寄せください。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。
メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。
お待ちしています!

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。