お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

笑顔と咀嚼でストレス軽減!日々を楽しく過ごす「笑顔トレーニング」とは?!

ジェーン・スー 生活は踊る

「噛むこと」が、いかに日々の生活や、私たちの体に必要なことなのか。
月ごとのテーマに沿ったスペシャリストに、「噛むこと」で得られる、“からだにいいこと”を、伺っていく「火曜日は噛む曜日」。

10月のテーマは「噛むこと × からだにいいこと」

本日も、ロッテ 噛むこと研究室リーダー、池田なつきさんをお迎えして。噛むこと研究室での最新トピックス『笑顔と咀嚼でストレス軽減。笑顔トレーニング』について、お話をお伺いしました。

噛む曜日

ストレスフルな現代社会の中で、ストレスを効率よく発散することは非常に重要。「笑顔トレーニング」は三越伊勢丹グループが、「人は笑うことによって、心が満足し、幸せになる、幸せだから笑うのではなく、笑って自ら幸せな気持ちになるそれが従業員満足につながり、ひいては顧客満足につながる」という。科学的な根拠に基づき実際行われているトレーニングです。

①『ホッピング』
〜やり方〜姿勢を正し、舌全体を上あごにつけて、しっかり吸い上げてから、「タンッ」と音を出しながら舌をはじきます。
②『リップトレーニング』
〜やり方〜 左右の奥歯を軽く噛み、「イー」と発音しながら口角を引き上げます。次に「ウー」と発音しながら口をすぼめます。ゆっくりと「イー、ウー、イー、ウー」と繰り返します。 「イー、ウー」で1セット。慣れてきたら回数を増やします。
③『リップパッファー』
〜やり方〜まず、上唇と歯の間に空気をいれます。次に下唇と歯の間、左の頬、右の頬の順番で口の中の空気を移動させていきます。上、下、左、右で1セットを10回行います。 (唾液の分泌がよくなり、笑顔が作りやすくなるだけでなく滑舌もよくなります。)

スー:「鼻の下に空気を入れると、犬みたいな顔になって。顎の下に空気を入れると、カエルみたい。ほっぺたに入れるとリスみたいになって、頬の筋肉が動く感じ!」

このトレーニングは、①②は10回を2セット、③は5回を2セット、朝と晩に行うと効果的!また、鶴見大学・三越伊勢丹HD・ロッテの3社で共同研究の結果、1日に4回、チューイングガム2粒を10分間噛むことによって。抑うつや、不安を、より抑える効果も実証されています。噛むこと研究室HP  では、似顔絵による図解なども乗ってます。是非、ご覧ください。

噛む曜日

来月11月のテーマは、「噛むこと × お腹痩せ」噛むことでお腹が痩せる?!驚きのロジックを、管理栄養士 柏原ゆきよ さんに伺います。お聞き逃しなく。