お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


ルーキー濱口の熱闘でDeNAが1勝目!!

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

本日のエキサイトベースボール・スペシャルは
横浜スタジアムのSMBC日本シリーズ2017
DeNA-ソフトバンク の第4
戦を、
解説: 「ミスターパーフェクト」 槙原寛己さん、
実況: 戸崎貴広アナウンサーでお届けしました。

パの王者ソフトバンクが負け無しの3連勝!
一気にがけっぷちに追い込まれたDeNA。

しかし2戦、3戦と接戦を落とした展開とあって
何かのきっかけがあれば、
状況は変わるのでは?と信じるファンの為にも
何とか、一矢報いて、シリーズの流れを変えたいDeNA!

もう一つも落とせない
がけっぷちとなって、強さを見せるのか?

注目のゲームの行方は、、、、、

DeNA・濱口、ソフトバンク・和田の両先発でプレイボール!

新人として、球団では97年の川村以来となる
シーズン2桁勝利をあげたルーキーに大切なマウンドを託したラミレス監督。

その選択は吉と出るか凶と出るか、、、、、

ここまでの3試合、全て初回に失点を許しているDeNAですが
濱口は初回、
2死からデスパイネに四球を許し、
さらに濱口の暴投で二塁へ進塁。
嫌な予感が漂いますが、続く内川をサードフライに仕留めて
このシリーズ、初めて初回を無失点で切り抜けます。

対するベテラン左腕・和田。
初回、このシリーズ、ここまで当たりの無かった
桑原にライトへの安打を許しますが、
続く柴田、ロペス、筒香を仕留めて、こちらも初回は無失点。

投手戦を予感させる立ち上がりとなります。

その予感通り、ゲームは進行。
両先発が素晴らしいピッチングで、
どちらもチャンスらしいチャンスを作ることができないまま
あっというまに4回までスコアボードに0が積み重ねられます。

ゲームが動いたのは中盤5回でした!

好投するルーキー濱口を援護したいDeNA打線、
ついに和田を捕らえます。
先頭のリーグ首位打者・宮崎が真ん中に入ってきたストレートを
振りぬくと、打球はレフトスタンドへ一直線!2号ソロ
DeNAが待望の先制点を奪います。
さらに続く梶谷と高城の連続安打、濱口の絶妙な犠打で二・三塁とすると、
倉本がきっちりライトへ犠牲フライをあげて1点
DeNA打線が躍動し、ゲームの主導権を握ります。

援護をもらったルーキー濱口は
さらにギアアップ!
力のあるストレート、スライダー、チェンジアップの
コンビネーションで、ソフトバンク打線に的を絞らせません。
なんと6回を終えてノーヒット
まさかの快挙達成か?とスタジアムが期待に包まれ始めます。

そんな濱口の好投を援護しようと、
7回には、女房役・高城がこの回からマウンドに上がった
五十嵐から1号ソロをレフトスタンドに叩き込み、
1点追加!リードを3点に拡げます。

史上初の日本シリーズでのノーヒットノーラン達成という快挙に向け
エンジン全開の濱口!
スタジアムのファンのボルテージも最高潮に達しますが、、、、、
王者ソフトバンク、簡単には許してくれませんでした。
8回、1死から代打でバッターボックスに入った鶴岡
3球目を振りぬくと、打球はライトへ!
ツーベースとなり、濱口の快挙達成を阻止!
さらに柳田の内野安打などで2死一・三塁とすると、ラミレス監督動きます。
ここで2人目・パットンが登板。
マウンドを降りる、濱口にスタジアムのファンから
自然と大きな拍手とスタンディングオベーションが送られます。
後を継いだパットンは、きっちり今宮を空振り三振に仕留めピンチを脱出。

8回にはさらにDeNA打線が猛攻を見せ、
この回から登板した4人目・攝津に襲い掛かり、
ロペスの二塁打などで1死三塁とすると、
宮崎タイムリー1点。続く梶谷の二塁打で二・三塁とすると、
高城タイムリー2点。ダメ押しの3点を加え、
リードを6点に拡げます。

最終回は、日本シリーズ初登板となった守護神・山崎康
デスパイネ、内川、中村晃を3人でしとめ
ゲームセット

がけっぷちに追い込まれたDeNA!
投打ががっちり噛み合い、6対0の快勝で、
シリーズ1勝目をあげました!

何と言っても、7回3分の1まで
ノーヒットピッチングを続けたルーキー濱口の投球が光った今夜のゲーム
勝負の分かれ目について、解説:槙原さんにお話を伺いました。

20170526-makihara
槙原寛己が見極めた勝負の分かれ目!

今日はまず、
1回裏DeNAの攻撃直前の雰囲気に驚いた。
先頭打者の桑原が第1球を迎える前に、
ファンの応援がDeNAのムードを作った。
きっと選手たちと同じくらい、
今日の勝利への執念が凄かったのだろう。
声援に応えるかのように、
今まで無安打だった桑原が安打を打ったことで、
球場全体が「行ける!」という空気になった。
さらに今までの3試合とは違い、
先制点も取ることができたので一気に波に乗っていけた。
また先発の濱口も、
初の大舞台のマウンドに臆する事なく、
どんどんとストライクを取って行った事が良かった。
シーズン中と同様に攻めの姿勢で向かえた事が好投の要因だろう。
見事な投げっぷりだった。
明日も攻めの姿勢を貫き、
先制点を取れれば今日のように球場全体が盛り上がるので、
積極的にいって欲しい。

濱口の熱投!
ハマスタのファンの熱気!
全てが一体となってもぎ取った1勝目!
このまま勢いに乗っていけるのか?

次回のエキサイトベースボール・スペシャルは
11月2日(木)の17時50分から
横浜スタジアムのSMBC日本シリーズ2017
DeNA-ソフトバンク の第5戦を、
解説: 「マイクを持った盗塁王」 緒方耕一さん、
実況: 初田啓介アナウンサーで

試合終了まで完全実況生中継でお届けしてまいります。
明日の試合前には、本日のゲームで素晴らしいピッチングを見せてくれた
濱口投手のインタビューもお届けする予定です。

どうぞ、お楽しみに!


TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
https://www.tbsradio.jp/eb/

ナイターシーズンの火曜日から金曜日17:50~試合終了まで放送
TBSラジオ『エキサイトベースボール プロ野球速報』
https://www.tbs.co.jp/baseball/