お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

読書週間「こそあどの森シリーズ」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

10月27日から11月6日までの二週間は「読書週間」です。
本とじっくり向き合うにはいい季節……この番組では、大人も子どもも楽しめる、そんなロングセラーの「児童書」に注目してまいります。
今回ご紹介するのは、ちょっと不思議な住人たちが仲良く暮らしているある森のおはなし…岡田淳さんによる「こそあどの森の物語」です。

「この森でもなければ その森でもない あの森でもなければ どの森でもない」…それが【こそあどの森】です。

一作目は1994年出版の「ふしぎな木の実の料理法」。今年2月には12作目「水の森の秘密」が出版され、これがシリーズの完結編となりました。お話の中心になっているのは、森で暮らしている5組の登場人物。5組それぞれ、かなり個性的なおうちで暮らしています。

スキッパー
本や化石を眺めているのが好きな大人しい少年。船の上にウニを乗せたような形の家「ウニマル」で暮らしています。

ポットさんとトマトさん
ポットの形をしたおうちに住む仲良し夫婦。お客さんを呼ぶのが大好きで、森のみんなは何かというとこの家に集まります。

巻貝の家に住むふたごの姉妹
お茶とお菓子と遊ぶのが大好き。気分によって自分たちの名前さえ変えてしまうという気まぐれなふたりです。

ガラス瓶の家に住む、スミレさんとギーコさん兄弟
お姉さんのスミレさんは、詩を読むことと、ハーブが好き。弟のギーコさんは無口な大工さんです。

木の上のおうちに住む、作家のトワイエさん
作者の岡田さんが「いちばん自分に近いかな?」とおっしゃっている人物です。

本には、それぞれのおうちが、とても細かいイラストで描かれているのですが、間取りがよーくわかって、これを眺めているだけでも楽しいんですよね。岡田淳さんの「こそあどの森の物語」……みなさんがもしこの森に住むとしたらどんなおうちを建てますか?そんなことを想像しながら読むのも楽しいのではないでしょうか。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。