お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

年々、冬場の乾燥がひどくなってるって知ってた?

ジェーン・スー 生活は踊る

番組お抱え気象予報士・増田雅昭さんのお天気コラム。今日は「乾燥」がテーマ。

乾燥が気になる季節になりました

先週、化粧品メーカーのポーラが“美肌県グランプリ2017”を発表。
全国47都道府県、16歳以上の女性の肌、累計1,700万件を超える、膨大な「肌のビッグデータ」を活かし、今年の「ニッポン美肌県グランプリ」を決定しているんだとか。
今年のトップ3は…
1位:富山県 2位:石川県 3位:秋田県  でした。
昔から、「秋田美人・京美人・博多美人(加賀美人)」を日本三大美人なんて言いますが、これらに共通点するのは…「日本海側」ということ。日本海側は冬場、曇りがちで雪(雨)が多い。ということは・・・乾燥の時期に乾燥を和らげ、紫外線を受ける期間が短くなっていることが、影響していると考えられます。
ちなみに、最下位3県は…
45位:茨城県 46位:大分県 47位:群馬県  という結果に。
いずれの県も、冬は乾燥しますし、晴れて紫外線もあり。さらに、乾いた強い北風も影響しているようです。これ、あくまでも「お肌」のお話で、美人うんぬんではないですからね!

湿度は●●%まで下がったことがある!

湿度はどれくらいまで下がったことがあると思いますか?
実は…0%!(といっても、0.5%未満、四捨五入して0%という計算です。)
2005年4月9日。けっこう最近の出来事ですよね!場所は、岐阜県高山の観測所。北風が山を越えてフェーン現象が起こり、ここまで下がってしまいました。ちなみに、東京でも6%まで下がったことがあります。

じつは、年々乾燥が進んでいるんです。
戦後の高度経済成長期くらい(1960〜1970年代)から湿度は急に低下。東京の一年間の平均湿度は、昭和前半に比べて20%近くも低下していて、特に冬場の乾燥がひどくなっています。舗装されて水分をたくわえられる土の地面が減少したり、植物が減ったりしたことなどが原因で、都市部で大きく湿度が下がっています。

湿度50%を切ったら要注意!

湿度50%を切ったら、インフルエンザにかかる可能性が上がり、お肌の乾燥にも要注意!30%台にまで下がってしまったら、赤信号です。

ちょっとしたことで湿度は上がります。以前、小型の気象観測器を持って、乾燥している飛行機に乗った際、コップに入ったジュースを近くに置いただけで・・・湿度がグッと上がったんです!というように、加湿器などを活用するのももちろん良いですが、できない時は、デスク周りにコップを置いたり、室内に観葉植物を置いたりするなど、ちょっとした対策で乾燥を防ぎましょう!

お肌の乾燥、気になります…