お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

金曜日恒例サラリーマンの声 自分の結婚記念日を覚えていますか?

森本毅郎 スタンバイ!

イギリスのエリザベス女王とフィリップ殿下が来週月曜日、11月20日にプラチナ婚を迎えるそうです!プラチナ婚は、結婚70周年!公式なイベントは予定されておらず、ウィンザー城で家族だけでパーティーを開いてお祝いするといいます。それにしても、結婚して70年ってすごい年月。お二人とも長生きで何よりですね!!

そこで、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、毎週金曜日は金曜日恒例サラリーマンの声!!11月17日(金)は、レポーター近堂かおりが『自分の結婚記念日を覚えていますか?』をテーマに街でみなさんに聞きました!!

金曜日恒例サラリーマンの声 『自分の結婚記念日を覚えていますか?』

★覚えてますよ!!

●「84年の9月23日だったかな。大体その時期になると、毎年、スケジュール帳に最初に年間のところを全部書くから。誕生日とか結婚記念日とか、イヤでも開いたら分る。」
●「12月12日、えっとね、2004年。私が忘れちゃうとカミさん忘れちゃうんで。カミさんの方が忘れます。」
●「1996年の10月7日。20年記念だったかな。贈り物を、アクセサリー類を。もともとのエンゲージリングをそこで買ったら、毎年、頂くんですよ、案内をね。毎年、これな!これな!って言われるわけよ。ちょっと20年だったしね、一緒に行こうかと言ってね。そういうメーカーさんの策にどっぷりハマったかな。」

皆さん、しっかり覚えているものですね!手帳に書いている人もいれば、奥様が忘れがちな人なので忘れないようにしている人もいました。記念日には花束を買って帰ったり、ケーキを買ったり、『おめでとう』と言ったり・・・みなさん、さまざまなお祝いをしていました。

★年月日~?覚えてないよ~!!

一方で、こんな声もたくさんありました。

●「年月日?あー年まではちょっと覚えてないです。月日は覚えてます。12月23日。年はちょっと、えっと、ちょっと思い出せないです。」
●「あ、年か、年まではゴメン、あれだけど、9月29日だな。えっと、ちょっと待って、たぶん、たぶんと言ったら怒られそうだな。平成2年くらいじゃないかな。」
●「覚えてません!えっと、今11月よね。10月の28日だった。だけど、過ぎてから二人で思い出した。えっと、40年かな。オレ70歳だから、あ、もっと前だな。」
●「覚えてない。9月というのは覚えているけど、日にちは覚えてない。何年かも覚えてないの。もう忘れる年だよね。9月は間違いないね。何日だろうね。何日ってハッキリしたのは言えないね。正解は言えないね(笑)」

結婚した年は何年か・・・となると、あやふやでしたね。でも、そこが分からないと、結婚何周年かが分からなくなっちゃいますから!月日だけじゃなく、是非、何年に結婚したかも覚えてほしいですよ!

★来年結婚30周年!ハリーウィンストンを・・・!?

そんな中、こういう声がありました。

●「もちろん覚えています。1988年10月8日。来年30年なんで。(何かする)そうですね、だいぶ古くなったので指輪を新しくしようかなって、節目でするというのもいいのかなって。子供が大きくなると色々ある、キャッチボールしてると硬式野球やっていたから僕の指輪曲がっちゃってる。30年前の指輪がちゃんと取れるところがスゴイでしょ。(本当だ、変な形に)これは硬式野球の野球のボールを受けていたから曲がったんで、これも替えて、嫁はずっと指輪が欲しい欲しいと言ってたから一緒に替えようかな。(どこの)ハリーウィンストンの(ウソ!)デザインにしてもらおうかな(羨ましい)というのは、言うのはいくらでも言えるんで言わせてください!」

ハリーウィンストン!!!あこがれますね~!素敵です!!これは是非、来年、奥様にプレゼントして頂きたい!

結婚30年ですもの。ちなみに結婚30周年は『真珠婚』というそうです。

★とにかく忘れるのだけはぜっったいダメ!

最後に、こんな声がありました。

●「覚えている。1995年6月30日。日付は知ってるよ、怒られるから。スルーすると後で言われる。その程度なのってことを言われる。その程度ですか?って。プレゼントの要求はないんですけどね。なんか欲しいと聞くと、自分の自由な時間と言われる。必ず。家事も育児も全て解き放った自分の自由な時間、ついでにあんたもいなくていい、全部自由。一人になりたいって言われる。唯一それが欲しいと言う。毎年同じことを言われるんだけどそれはムリ。えっとね、片づけとか皿洗いくらいしましょうかって言うと、逆に手間になるから止めてくれと言われるので、ということは出来ないということなんだよね。だから、子供に任せますよ、何かお祝いしてあげてお金渡すから。そうすると喜んでいるみたい。」

結婚記念日をスルーすると『その程度なの?』と言われ、何か欲しいモノを聞くと『自分の自由な時間』『ついでにあなたもいらない』と言われ、何か手伝おうかと言えば『逆に手間になるからいい』・・・踏んだり蹴ったり、取りつく島もありません。2020年には「銀婚式」を迎える、こちらのご夫婦。25年という節目はスルーしちゃダメですよ!!

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが
「現場にアタック」で取材リポートしました。