お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

お米をおいしく食べるための「土鍋」と「おひつ」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

秋の収穫シーズンも終わり、すでに各地のご家庭のテーブルには、今年の新米がのぼっていると思います。今回は、お米をおいしく食べるための道具をふたつご紹介しました。

土鍋
炊飯器で炊けば、スイッチひとつでおいしいご飯が炊きあがる時代。でも、自分で火加減を調節しながら、ご飯を炊くというのもなかなか楽しいものです。ふつうの土鍋で炊くのはちょっと難しいかもしれませんが「炊飯用の土鍋」を使えば比較的簡単に、おいしいご飯を炊くことができます。吹きこぼれないように中蓋がついていたり…お米がよく対流するように、深めに作ってあったり…と、メーカーによって、工夫はさまざまです。中には、直火と電子レンジ、両方が使える土鍋もあります。炊くときは直火、あたためなおしは電子レンジで…そんな使い方もできるようです。

おひつ
炊飯器がなかった時代は、おひつがよく使われてきました。炊き上がったごはんのおいしさを保つためです。木のおひつは、余分な水を吸い、ご飯が冷めると水を補い、お米のべたつきや固くなるのも防いでくれます。いま、またこれが見直されるようになって、陶器やセラミックのおひつも作られるようになりました。もちろんこちらも、おいしさをしっかりキープしてくれます。また、テーブルにそのまま出しておくこともできるような、おしゃれなデザインのおひつも注目されているようです。

日本の大地のめぐみ……おいしいお米。今年は、いい道具でひと手間かけて、召し上がってみてはいかがでしょう。
TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。