お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

11月23日は「勤労感謝の日」で「新嘗祭」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

11月23日は「勤労感謝の日」
「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という日です。
この日は、もともとは、秋の収穫を感謝する「新嘗祭」という名前の祭日でした。「新嘗祭」は、古くから行われてきた祭儀、つまり、儀式です。神様に今年収穫された稲をお供えして、感謝をささげ、次の年の豊作を祈ります。
起源は、はっきりとはわかっていませんが、日本史が記された最古の歴史書「日本書紀」によれば、飛鳥時代に始まったとされ、また「万葉集」の中でも、新嘗祭にまつわる和歌を、いくつか見ることができます。
宮中では、もっとも重要な祭儀のひとつとして、現在も、毎年この「新嘗祭」が執り行われ、また、各地の神社でも、新嘗祭の神事が行われています。神社によっては、平安装束で行う神事や、雅楽の調べで巫女さんたちが舞う「巫女舞」を見ることもできます。
神社では、その年の豊作を願う春の祈年祭と、収穫を感謝する、この「秋の新嘗祭」を対にして行うそうです。日本では多くの土地が、稲作のサイクルを中心として、一年を過ごしていましたから、春と秋のこの神事がとても重要だったんですね。

11月23日が「勤労感謝の日」という名前になったのは、昭和23年。それから年月が経ち、かつては「新嘗祭」という祝日だったことを、知らないという方も、多くなっているかもしれません。もし、お近くの神社で、新嘗祭の行事が行われていたら、皆さんも、大地の恵みに感謝をささげてはいかがでしょう。
おいしい新米が、よりおいしく、ありがたく感じられるかもしれませんよ。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。