お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

具材は55種類!おにぎり専門のお店「大塚 ぼんご」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

東京の豊島区大塚のおにぎり専門のお店、創業58年の老舗 「大塚 ぼんご」

お寿司屋さんのように、カウンターに座って、職人さんの仕事を見ながらおにぎりが食べられるというお店です。使っているお米は、新潟産のコシヒカリ。こだわりぬいた海苔と塩を使い、豊富な具は、なんと55種類!しゃけ、うめ、焼きたらこ、といった定番のモノもあれば、カレー、ピーナッツ味噌、明太クリームチーズといった、ちょっとかわったものもあります。また「二種類の具をひとつのおにぎりに入れる」とか「ひとつのおにぎりに、二倍の量の具を入れる」といった注文をすることもできます。

豊富な具も魅力ですが、同じぐらい、いえ、それ以上の魅力がこのお店にはあります。それは、おにぎりをつくる職人さんたちのプロの技!

たとえば「おにぎりだけど、にぎらない」!実は、ぎゅっとにぎっているわけではなく、パリパリの海苔で包み込んでいるだけなんです。こうすることによって、食べたときにお米が口の中で広がり、一粒一粒をしっかり感じることができるのです。その包み加減は、とてもむずかしく、まさに職人ワザなのだそうです。

そして、もうひとつ、具の入れ方にも、プロのワザが光っています。おにぎりを食べた時、具材が出てこなくて、しばらくおコメだけを食べていることってありますよね。でも、ぼんごのおにぎりは全体を大きくして、具をたっぷり入れているので、一口目から「お米と具材のハーモニー」を味わうことができます。おにぎりの頂点には、具材が顔をのぞかせているのですが、ここから食べてゆけば、最初から最後まで、絶妙なお米と具材のハーモニーを味わうことができるそうです。

カウンターで、職人さんの仕事を見ながら、具だくさんのおにぎりをいただく…うーん、いいですね。幸せな時間になること、間違いありません。でも、55種類も具があるなんて、ぜーったい悩みます!

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。