お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「シクラメンのかほり」は、実は「シクラメンのけむり」?!布施明さん

コシノジュンコ MASACA

2017年11月18日(日)放送

ゲスト:布施明さん(part 1)
1947年、東京・三鷹市出身。ザ・ピーナッツに憧れて歌手を目指し、高校在学中にTVのオーディション番組に出場。1965年に「君に涙とほほえみを」でデビューし、「恋」「霧の摩周湖」「シクラメンのかほり」など、数々のヒット曲をリリースしました。1980年にハリウッド女優のオリヴィア・ハッセーと結婚し、アメリカで活動(1989年に離婚)。またシンガーとしてだけでなく、俳優としても映画やTVで活躍しています。

布施:お元気そうですね。いいなぁ~

JK:元気よ、元気!

布施:同い年ぐらい、今年古希を迎える人たちはまだまだ元気ですよね。つい先日中学時代の同期会があったらしくて、僕は行けなかったんだけど、みんな元気だって言ってました。なにしろ1クラス70人以上で15クラスの学校だったから、同窓会で会って「おお、布施!」って言われても・・・ねぇ(笑)

出水:みなさんにとっては、布施さんと同級生っていうのは自慢で仕方ないでしょうね。

布施:みんな元気だっていうから、自分も元気でいなきゃいけない。そもそも我々の世代はみんな競争、相手を倒していく、貶めていく世代だから(笑)実をいうと、ここまで続くとは・・・。初めてジュンコさんに会った頃は、「そろそろ辞めようかな~」と。

JK:えっ? 本当? ずいぶん前よね?

布施:ものすごい前、まだ19歳のときだけど。実をいうと、歌をやっていこうと思ったのは、大学にストレートで行けないもんだから。2~3年過ごしてから、というのが我々の時代だった。

JK:進路としては、これでいいのかなと思うわよね。

布施:同級生も、みんなそのあと大学に復帰していたのでね。でも、途中で大学紛争が起きてから、大学はもういいかなと思った。

JK:でも、ヒット曲があるからきっと辞めさせてもらえなかったわね。「霧の摩周湖」は何歳のとき?

布施:18かな。昭和40年か41年。

JK:かわいかったわよー!

布施:そこ強調しておいてください。今はこんなんだけど。

JK:あ、でもラジオだから(笑)

布施:デビューは「君の涙にほほえみを」っていうカンツォーネだったんですけれど、サンレモ音楽祭で優勝したボビー・ソロの曲。ただね、あれは僕が歌うはずじゃなかった。ボビー・ソロは“イタリアのプレスリー”と呼ばれていたんです。それで、当時 “日本のプレスリー”と呼ばれていた ほりまさゆきさんが歌うことになっていたんですが、体を壊されて・・・

JK:運がまわってきた!

布施:「誰か歌えるヤツはいないか」という時に、大きい声で歌ってるやつがいるってことで、声が大きいっていうだけで選ばれてデビュー。だからレコード会社のスタジオでレコーディングしたときは、「これは一生の思い出になるな」と思いながら、すごい勢いで歌いました。

出水:そもそもデビューのきっかけは、「ホイホイミュージックスクール」というTVのオーディション番組だそうですね。そこでは何を歌ったんですか?

布施:「ラ・ノビア」という曲。麹町で予選会っていうのがあって、友達みんなで行こうということになった。僕は出場する権利もなかったんだけど、みんなで固まってたら全員が番号をもらって。そもそも僕が予選に通ったのは、中学3年の時に小児貧血で3か月ぐらい入院していたので、顔が真っ白だったし、体も細かった。髪の毛も少し赤っぽかったので、TV局のアシスタントが僕をハーフだと勘違いしたから。「歌はともかく、あれを入れとけば面白い」っていうんで。

布施:断ってもよかったんだけど、その時の番組スポンサーが味の素さんで、予選に通ったら「ハイミー」を1個くれた。歌ったら、もっとすごいものもらえるんじゃないか?って、ちょっと卑し根性で次から次へと進んでいって(笑) TVに出たら、味の素の詰め合わせセットをもらって、これはすごいことになるんじゃないか?!と思ったのが、大きな間違いだった(笑)

出水:布施さんにぜひお伺いしたいんですが、今年7月に平尾昌晃さんが亡くなられました。たくさん思い出があると思いますが、どんな方でしたでしょう?

布施:「霧の摩周湖」の前に、「思い出」っていう曲を出したんです。これは平尾さんが以前歌ってた曲で、その時平尾さんは事情があってTVに出られないような環境だった。でも歌は歌いたい。そしたら北海道のラジオの人が「思い出」という曲が好きで、夕方の番組に毎日流していたらものすごい反響があって。じゃあ北海道限定で出そう、ということになってヒットして、全国展開をしようとなったときに、平尾さんが体を壊されて。誰かいないか、といことで僕が歌うことになった。他人が体を壊すと俺が出てくる、っていう、悪魔のような役なんだけどさ(笑)

JK:ずいぶんね(笑)

布施:それが、いわゆる「歌謡曲」になるきっかけ。平尾さんはそこから療養して、作曲家になっていく。それから1年ぐらい経って、次の曲を作ろうと、茅ケ崎の平尾さんのご実家で夏に合宿して作った。それが「霧の摩周湖」。

出水:夏に作った歌なんですか? 冬、寒いイメージですけど。

布施:昼にみんなでプールで遊んだんですよ。その時、布施はすごく胴長短足だし、細くて白くて、まず海辺の似合わない少年だなって話してたんですって。それで、やっぱり海の歌はだめだということになって、作詞家が「じゃあ湖にしよう」ってことで、「霧の摩周湖」。

JK:摩周湖っていうけど、行ったことないんでしょ? 突然ひらめいた?

布施:それまで、どこにあって一体何なのか、誰も知らなかった。平尾さんも知らなかった!「北海道にあるらしいぞ」っていうぐらい(笑) 作詞家の人が一度行ったことがあると言ってたらしいんですが、それも酒飲みだから、定かではない(笑)


JK:結局、1回は行ったの?

布施:行きましたよ、秋に。もう、ドピーカン!

出水:霧はなかったんですね(^^;)

布施:写真を撮りに行ったんだけど霧がなくって、もうキリがないね、とか言って(笑)そしたらスゥーッと霧が出てきて、急いで写真をバッと撮って、茶店みたいなところで一休みしてたら、お店の人が不思議がってるんですよ。そしたら、あれは霧じゃなくて、炭焼きの煙だった!

出水:やめてくださいよ~! おかしすぎる!

布施:だから、「霧の摩周湖」のジャケットの背後がぼんやりしているのは・・・

JK:煙だった!

出水:「シクラメンのかほり」の裏話はありますか?

布施:あれは辞めようかと思ってた時期。亡くなられた渡辺プロの社長と、その時のプロデューサーが「あとシングル2枚だけやってみたらどうだろう」って言ってくれて、それでダメだったら1年でも2年でも休んで、もう一度勉強しなおすなりすればいいと。それで探してきたのが、小椋佳さんの「さみしいとき」という曲。これがいい曲なんですよ! その時、小椋さんがB面用に作ってきた別の曲があって、プロデューサーも社長も「こっちのほうがいい」って気に入って。

出水:布施さんとは意見が合わなかったんですね?

布施:だから、僕としてはラッキー!これで1~2年休める、休みはオレのもんだ!と(笑)

JK:それで辞められると思ったら、ヒットして辞められなくなっちゃったのね。

布施:発売して1週間目にトップになりましたからね。でも、小椋佳さんもいい加減に作ったらしいですよ。最近聞いたんですけど。

JK:なんでシクラメンなの?

布施:小椋さんは北原白秋がそのときすごく好きだったらしくて、詩集を見てるとドキッとする表現があって、例えば「すがしい」とか、そういう言葉は白秋からパクったんだ、と自分で言ってました。でも、それだけだとキレイすぎるので、ちょっと「ウソ」を入れようと、自分しか作れないものを入れとけば、自分の証になるかなというので、それが「薄紫の・・・」のくだり。

JK:シクラメンにそんな色はないわよ! シクラメンに香りなんてあったかなあ?

布施:それが、ないんです。品種改良しているうちになくなっちゃった。でも発売してその翌年、小椋さんの友達でシクラメンを栽培している業者さんから、「薄紫のシクラメンつくりました!」って。さすがに香りはできないだろ、って言ってたら、その次の年に「香りもちゃんと付けられました!」って。だから今は香り付きです。

=OA楽曲=
M1. 君に涙とほほえみを / 布施明

M2. おもいで / 布施明

M3. 霧の摩周湖 / 布施明

M4. シクラメンのかほり / 布施明