お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

元AKB石田晴香はゲーム実況大好き! そのルーツはファミコン世代の母の影響

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■母がずっとゲームをしていて、見たいテレビを見れなかった!

「マイゲーム・マイライフ」にやってきた元AKBの石田晴香さん、今までのゲストとは一風違っておりました。ゲストといえば、基本的には今までにハマった大好きなゲームについて熱く語る、というのがお決まりでしたが、なんと石田さん、自分ではあまりゲームをしないのだそう。「私、この番組に来て言うことじゃないかもしれないんですけど、やるより見るのが好きで」と切り出します。昨今では当たり前になりつつも、メーカーがどこまで許すのかと議論の絶えない「ゲーム実況」。石田さんはゲーム実況ファンなのです。

そのルーツは、石田さんの母親が重度のゲーマーだったことにあります。

宇多丸「ゲームはいつもDSでやっていたんですね」


石田「テレビゲームは母が占領していたので(笑)」

宇多丸「……!! 本当にお母さんゲームがお好きなんですね!」

石田「だから私は見てるだけ、みたいな」

宇多丸「お母さんぶっ通しでゲームを?」

石田「やってましたね」

宇多丸「わりと今までゲストの方のお話を聞いていると、ゲームが好きでぶっ通しでやっちゃって親に怒られる、とか、何時間までと制限されたとかそういう話はあるんですけど」

石田「あ、逆かもしれないです! ずっとやってるから見たいテレビが見られない、みたいな(笑)」

やるより見るという素地がここで作られ、さらにはニコニコ動画を観て育った世代。もしかしたら、石田さん世代には案外こういう人、多いのかもしれません。石田さんの母親は宇多丸さんと同い年で、いわゆるファミコン世代です。ファミコン世代やスーファミ世代が親になっている今、「ゲームをしすぎて子どもが怒られる」ではなく、「親がゲームをしすぎている」なんてことが起こっているんですね。

ゲーム実況を見るのが楽しい点として、石田さんは「自分じゃ考えつかないようなところのアイテムを拾いにいったり、見ている人を心地よくさせるようなプレイの見せ方をしたりしてくれる」と語ります。高いゲームスキルはもちろん、観客がいること前提でプレイを見せる匠の技というのがそこにはあるようです。

■宇多丸さん、スプラトゥーンやってください!

そして番組恒例、宇多丸さんが苦手とする王道RPGの経験について切り込みました。RPGが苦手な宇多丸さんは、少数派として虐げられてきた経験から、同士を見つけると大喜びするのが恒例となっております。「僕、ファイナルファンタジーやってないんです……すみません」とゲストに向かって平謝りをし続けた分、仲間を見つけたときの喜びもひとしおなのです。……でも宇多丸さん。そもそもゲームをするよりも見るほうが好きな石田さんですから、「おそらく王道RPGはやったことないだろう」との推測のもとに聞いてません? これ、勝ち戦ってやつじゃないですか?

宇多丸「ちなみにですね、いわゆるドラゴンクエストとかファイナルファンタジーとか、王道ゲームというんですかね、みんなやっているようなやつはやっているんでしょうか?」

石田「やったこと……ないんですよね」

宇多丸「おっ、これは力強い方がやってまいりました!」

石田「絶対やったことあるっていう人がここに来ていると思うんですよ!」


宇多丸「大丈夫です! 司会がやってないんですから!」

石田「ああー!!! 本当ですか!? よかったーーーーー!!!」

宇多丸「皆さん、わかりましたか? こういうときのために僕がいるんですよ?」

石田さんもドラクエやFF未経験だと聞いて気が大きくなった宇多丸さんですが、次の質問で撃沈しておりました。

宇多丸「じゃあ、ご自分でやって好きになったゲームは?」

石田「これね、生涯で唯一だと思うんですけど、スプラトゥーンです。やったことあります?」

宇多丸「スプラトゥーンね……、やったことないんです」

石田「やってください!!!」

またしても、ゲストに「やってください!!!」と言われた宇多丸さん。やらなければならないゲームの宿題がまたひとつ増えてしまったのでした。

マイゲーム・マイライフ

■今回のピックアップ・フレーズ

(「ゲームは見るほうが好き。やるにしてもRPGはストーリーの進みがまどろっこしくて苦手」という石田さんに対して)

宇多丸「一貫した何かを感じますよね。面倒くさい作業は人に任せてっていう(笑)」

石田「そうそう! そうだと思います!(笑)」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

ピックアップ