お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ちょっと変わった美味しい昆布レシピ プレゼン対決!!

伊集院光とらじおと

伊集院光とらじおとぷれぜんと

11月23日(木)の放送でお送りした、「ちょっと変わった美味しい昆布レシピ プレゼン対決」

今回勝利したのは、とんちゃんこと東塚菜実子!プレゼンした「料亭風温トマト」レシピはこちら!

【料亭風温トマト】
(考案者:料理研究家 奥田ここさん)

★奥田ここさん作成の見本レシピはこちら。

(材料)
・乾燥昆布:1枚
・トマト:1個/人
・水:適量
・塩:少々
・青ねぎ:適量(小口切り)
・煎り酒(※後述)またはポン酢:適量

(作り方)
1.トマトを湯剥きする
2.小鍋に水と昆布を入れ、昆布の上に湯剥きしたトマトと塩少々を入れる
3.弱火にかけ、トマトにうっすら裂け目が入ってくるぐらいまで温める。
4.器にトマトと汁をすこし注ぎ、小口切りにした青ねぎをそえ、煎り酒またはポン酢をかけたら出来上り。

(※)煎り酒
江戸時代中頃まで愛用されていた調味料のひとつで、醤油が一般的に流通するとともに影をひそめましたが、最近では料理屋さんや作り手さんによる市販品も出ています。昆布と酒と梅を軸にした、とても簡単に手作りできる調味料で、風味もよく、おすすめしたい食材です。
(煎り酒の分量→酒2カップ、昆布5cm四方6枚、小梅干し:6個、淡口醤油:小さじ3)

★湯豆腐の豆腐の代わりにトマトを使った献立。うまみ成分グルタミン酸豊富なトマトは昆布とも相性抜群。昆布とトマトの旨みが出た汁に、煎り酒(昆布の旨み成分たっぷり)または醤油がベースになっているポン酢(大豆の旨み成分たっぷり)をたらし、旨みを重ねていただきます。

伊集院光とらじおとぷれぜんと11月23日http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20171123093350

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)