お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

物理学者であり、随筆家でもある寺田寅彦とは?

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

11月28日は、物理学者・寺田寅彦の誕生日。
寺田寅彦は、1878年・明治11年の11月28日に、当時の「東京市麹町区」で生まれました。寅彦という名前は、誕生日が「寅年の寅の日」だったことにちなんでつけられたそうです。

彼は、一流の物理学者として、日本の物理学の黎明期を支えた人。でも、随筆家としての一面もたくさんの人に愛されてきました。専門である物理学をはじめ、映画や、庭の草花、飼っていた猫「ミケ」と「タマ」の話など、ほんとうに様々なものを題材にしてエッセイを書いています。

この随筆の魅力は、科学者としての観察眼と、豊かな文章のセンス、それから【ほどよい長さ】
彼は、ほんの何分かで読めるような、短いエッセイをたくさん書いています。短い中に、知識や情緒がぎゅっと詰まっているというのが、寺田寅彦の随筆の大きな魅力となっています。

科学者でありながら文筆家でもあった寺田寅彦。彼は、文豪・夏目漱石を「師」とあおいでいました。随筆「夏目漱石先生の追憶」では、漱石の家を訪ねた様子をこんなふうに書いています。

「先生はいつも黒い羽織を着て、端然として正座していたように思う。結婚して間もなかった若い奥さんは、黒ちりめんの紋付きを着て、玄関に出て来られたこともあった。田舎者の自分の目には、先生の家庭がずいぶん端正で、典雅なもののように思われた。いつでも上等の生菓子を出された。美しく水々とした紅白の葛餅のようなものを、先生が好きだと見えて、よく呼ばれたものである」

また、彼が漱石を慕っていただけでなく、漱石も彼に目をかけていました。漱石の作品「吾輩は猫である」や「三四郎」には、寺田寅彦をモデルにしたと言われる人物も登場します。

夏目漱石と寺田寅彦。
それぞれの視点から、二人の偉人を眺めてみるというのも面白いかもしれませんね。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。