お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

自身の出演する恋愛シミュレーションゲームを実況プレイした石田晴香。選択肢を間違えて自分で自分にフラれる

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■自分の出ている恋愛ゲームを自分で実況プレイ

前回の「マイゲーム・マイライフ」に引き続き、今回も石田晴香さんがやってきました。ゲームは自分でやるよりも見るほうが好きな石田さん。ゲーム実況を見るようになったのは8年ほど前から。ニコニコ動画のサービスが開始したのが2006年、ゲーム実況というジャンルが流行し始めたのが2008年頃と言われています。石田さんがゲーム実況を最初に見たのもちょうどその頃ということになります。

AKB48にいた時代、自分でゲーム実況をやってみたこともあるようで、その話で盛り上がりました。石田さんがプレイしたのは、AKBの子たち48人の中から一人を選ぶという恋愛シミュレーションゲーム(「AKB1/48」シリーズ)。このゲーム、石田さん自身も出演しています。

宇多丸「これは、ご自分を恋愛するという……。変な話ですよこれは」

石田「そうですよね(笑)」

宇多丸「変な気分ですよね(笑)」

石田「それに、自分でも(選択肢の)分岐を覚えてないんですよ、どれを選べば良い反応をもらえるのか」

宇多丸「それはでも、良いですよね。フレッシュな気持ちで楽しめるので」

石田「(間違えて)あ、違ったんだこの反応、とか(笑)」

宇多丸「あれ? 私、私にフラれちゃった? みたいな(笑)」

石田さん自身は、このゲームの中に登場する「石田晴香」のキャラクターにたいそう不満を持っているようで、実況をしながら自分の姿に対して「キモいキモい」と連発していたのだとか。その一番の理由が、ツンツンと暴言を吐くキャラクターにされている点。でも、よく考えたら、歯の浮くような甘い言葉を繰り出す自分の姿を見るほうがよっぽど恥ずかしい気がします……。実況プレイするなら、暴言キャラでよかったんですよ、たぶん。

マイゲーム・マイライフ

■今回のピックアップ・フレーズ

(ゲーム実況中の石田さんは口が悪い、という話題にて)

石田「ちょっと私、(AKBのゲームの)シナリオライターさんに嫌われてるんじゃないかってくらい、ドSに設定されちゃってるんですよ。普段のキャラクターを誇張されていて。そんな酷いことは言わないよって(笑)」

宇多丸「でも、口悪いんだったら一致してるじゃないですか!(笑)」

石田「違うんですよ!(笑)」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)


【PS VR体験写真】

クラウド限定で石田晴香さんに「PlayStation VR WORLDS」に入っているソフト「Ocean Descent(オーシャン ディセント)」を体験していただいた模様をお聴きいただけます。




ピックアップ