お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

47歳男性・のんのんのんきさんの俺の5つ星『法事で食べた巨大なエビフライ』のエピソード。[伊集院光とらじおと内]

俺の5つ星

47歳男性・のんのんのんきさんの俺の5つ星『法事で食べた巨大なエビフライ』

伊集院さんがエビフライについて話しているのを聞き、
思い出した5つ星です。

幕張に親戚が多くおり、
法事になると、幕張駅近くの宝幢寺(ほうどうじ)に集まります。
その法事の後に、参列者のみんなで決まって行く食堂があり、
その食堂のエビフライが子供の頃から大好きでした。

そのエビフライは直径が5センチ、長さは30センチほどもある
巨大なもので、衣が薄くナイフで切ると中にはエビの身がぎっしりと詰まっていたのを覚えています
食べるとエビの旨味が濃厚で
ソースやタルタルソースを使わずに食べた記憶があります。

法事は、40年前と20年前、そして15年くらい前にあり、
それ以降、親戚とは疎遠になってしまい、あのエビフライを食べる機会もありません。

お店はたしか幕張駅南側を走る千葉街道と国道357号の間にあり、
二階が大きな宴会場になっていたと思います。

お店の名前もわかりませんが、
あの巨大なエビフライについてなにかご存知の方は教えてください


2017年11月28日O.A.

47歳男性・のんのんのんきさんの俺の5つ星『法事で食べた巨大なエビフライ』

●パーソナリティー:伊集院光
●アシスタント:吉井歌奈子
●調査員:パーマ大佐

 

ピックアップ