お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】患者は笑顔で帰る?~HIV/エイズの診療、最前線!【ラブセッション 第1回12月1日放送分】(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

荻上チキ・Session-22

荻上チキ・Session-22
TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)

12月1日の世界エイズデーに合わせて始まった新コーナー「ラブセッション~HIV/エイズ啓発プロジェクト」(毎週金曜日の23時35分ごろから)
ラブセッション」は、HIV/エイズの正しい知識を学び、HIV/エイズのデマや嘘に惑わされないスキルを身に付けるコーナーです。4か月にわたり、HIV/エイズの基礎知識から実際の検査の方法、そして、HIV感染者の診療の現場まで、リアルなHIV/エイズに関する知識を学んでいきます。

第1回目のテーマは『患者は笑顔で帰る?~HIV/エイズの診療、最前線!』(2017年12月1日放送分)

「HIV/エイズ」の知識を教えてくれるのは、国立病院機構・名古屋医療センターの横幕能行(よこまく・よしゆき)さん。

横幕能行さん。専門はウイルスの基礎研究で、名古屋大医学部などで学び、国立感染症研究所エイズ研究センター・研究官などを経て、現在、名古屋医療センターのエイズ総合診療部長を務めています。

※ラブセッションでは、HIV/エイズにまつわる、リスナーの皆さんからの疑問・質問・メッセージをお待ちしています。また、ご自身や周りにHIV/エイズ患者の方がいる方からのメッセージもお待ちしています。あて先は、ss954@tbs.co.jp