お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ショパンの音色に魅せられて・・・公開録音第一弾!【マヨルカの冬】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

 

本日は11月13日の公開収録されたジョルジュ・サンド作「マヨルカの冬」お送りします。
ゲストは女優の真琴つばささん、ピアノ演奏は山中惇史さんです。
 
リハーサル中、
お客様のいないホールに朋子さんと真琴さんの声が贅沢に心に響きます。
声に溺れていく感覚…。
ピアノと朗読の微妙なタイミングの違いでも、雰囲気はガラッと変わるのでなにが聞いて、観て美しいかを模索していました。
トークコーナーの打ち合わせでは、感想を聞かれると
「ボルジ##ョ@pjンルベン#gル」
と、どこかの国の言葉をおちめに手振りつけながら話す真琴つばささん。
朋子さんもどこかの方言でふざけながら話していました。
とてもかっこいい美しいお二人ですが、可愛いおちゃめな一面もみれました。
本番では、お客様が物語に引き込まれていく空気感がなんとも素敵でした。
客席も一緒になって朗読の世界観が完成し、普段の収録とは全く違った素敵なラジオドラマになったと思います。
そしてなんと言ってもピアノの素敵な音色に、皆さん聞き惚れたのではないでしょうか。
私には、台詞かのようにショパンのメロディが聞こえてきました。
今回の公開収録は劇場だったこともあり、とても贅沢な時間でした。
来週(2017年最後の文学の扉)は、作風がガラッと変わる、
宮澤賢治の「やまなし」の公開録音バージョンでお送りします!
ぜひお聞きください!
by 野本ほたる

 

ピックアップ