お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【作品紹介】やまなし(12月31日放送)

ラジオシアター~文学の扉

宮沢賢治の短編『やまなし』は、全国の小学校の教科書に、
数多く採用されている作品として有名です。
春の終わりと冬の始まりの、谷川の情景が描かれ、
川の底で暮らす蟹の兄弟から見た視点が新鮮です。
『やまなし』とは、バラ科ナシ属の落葉樹で、秋に実をつけます。

「やまなし」
春には、カワセミが魚を獲る場面に遭遇した蟹の兄弟が成長し、
やまなしを父と追いかける姿に、自然の摂理の中で生きる
生き物の姿が映し出されています。
今回は、「文学の扉バージョン」で、蟹の姉妹でお送りしました。

 

ピックアップ