お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


12月17日(日)「年々参加チームが増え続けている全日本ロボット相撲大会!」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!

放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲第29回全日本ロボット相撲大会会場!

12月17日(日)の放送では、「第29回全日本ロボット相撲大会」をご紹介しました。場所は両国国技館です!5年前にも紹介しましたが、その時より海外チームがものすごい勢いで増えているんです。当時6チームだったのが、今年は106チームに!大変な盛り上がりです。日本代表として試合に出場した鵜殿幸汰さんに聞きました。

▲鵜殿さん

鵜殿さんのロボット力士を持ってきてもらいました。しこ名は“翡翠(かわせみ)”ロボット力士と言いますが、実際は四角い無機質な箱に見える、、、大きさや重さに規定があるのでどれも似ています。(規定は幅と奥行きが20cm×20cm、重さ3キロまで。※高さは自由)似ているけれど、よーく見ると折り畳み式のアームを付けたり、ショベルカーのように相手を持ち上げるためのブレードという板を付けたり、それぞれ工夫しています。

▲鵜殿さんの翡翠(かわせみ)関

鵜殿さんは、人が操縦する【ラジコン型】という部門に出場。ラジコン型はロボット作りだけじゃなく、操縦技術を磨くのも大変らしく、練習し過ぎてコントローラーのノブが根元から折れたことがあるそう。ラジコン型は過去28回の大会で、ずっと日本が1位を、つまり横綱の座を守り続けています。しかし、去年の2位~4位は全て海外チームに。押し寄せる脅威の中、鵜殿さんは横綱を目指しています!もう1人、ルーマニア代表のアドリアン・ガスパーさんにも話を聞きました。

▲ルーマニアチーム(真ん中がアドリアンさん)

アドリアンさんは、プログラミングでロボットが自動で動く【自立型】に出場。この自立型、まあ海外勢が強いんです!最近はずっと海外チームが優勝。アドリアンさんに聞くと、そもそもあまりラジコン型には興味がないそう。海外では「ロボット=自動で動くもの」というイメージが強い。学校でもプログラミングの勉強のためにロボット相撲の授業があるのですが、そこで学ぶのも自立型。これからはどんどんロボットが自主的に考えて戦うようになるはずだと、国をあげて自立型に力を入れています。

▲アドリアンさんの「Shreddinger」関

と、そんなことを言われて鵜殿さんも日本代表として黙っていません!日本にはガンダムをはじめ、数々の人が操縦するロボットがあります。日本では「ロボット=人が操るもの」というイメージが根強いんです。そんな日本発祥のロボット相撲。日本人の得意なラジコン型で最後の砦を守ります!

▲鵜殿さん(左)アドリアンさん(右から2番目)と通訳の方

さあ、いよいよ試合開始です。世界27ヶ国から106チームが集まりました。アルゼンチンやブラジル、コロンビア、エジプト、スペイン、モンゴル、アメリカ、ポーランド、、、などなど。特に強いのはメキシコとトルコだそうです。

▲各国の入場

取組を観て驚いたのはその速さ!1秒に5m?!動く?!とか。ロボット同士が見合って動かないなぁと思ったらシュパンッ!!と一瞬で勝負がついてしまいます。瞬きする間もないくらい。

▲ラジコン型の試合。

より弾き飛ばしたり迫力があるのがラジコン型のような気がしました。人が操縦しているせいか、激しい動きでぶつかり合います。自立型はプログラミングされた頭脳VS頭脳なのでおとなしめの戦いに見えました。午前の部のラジコン型で優勝し、日本1になったチームがこちら。

▲先生と元生徒さんだそう。

激しい戦いを思わせる場面が、、、審判の方たちが皆ガッチリ足をガードしているんです。ぶつかって跳ね返ったロボット力士が当たったらただじゃ済まないですもんね。

▲スネを守ります。

いやあ、どの取組も面白い!同じように見えてそれぞれ戦略が違うロボット力士にすっかり夢中です。

▲試合に夢中。

アドリアンさんも3回戦に出場!しましたが、負けてしまいました。自立型は土俵にロボット力士を置いてボタンを1つ押したらすぐに離れます。ノータッチでロボット力士を見守るしかないんです。なんだか私としてはラジコン型と違って取組中に手出しできない分、悔しさが倍増する気がしました。アドリアンさん、来年こそ横綱になってください!!

▲悔しい。。。

お客さんは取組を桝席や砂かぶり席と同じ距離の目の前で観ることも出来ます。無料で軽食やちゃんこ鍋もいただけるんです。

▲両国国技館をめいっぱい楽しむの図。

観にいくだけでもとても楽しめます!たくさんのお客さんが来ていました。

▲記念写真スポット

出場している全選手にとって、今日からまたスタート!1年かけて新たなロボット力士を制作し、練習をつんでまた両国国技館に来られるように、まずは各地域の大会で優勝目指します。また来年、新たな戦いを楽しみにしています。

※試合結果です。鵜殿さんは惜しくも準々決勝で敗退。

▲鵜殿さんの「チームうどん」


今年の世界大会、自立型1位はポーランドのチームが横綱になりました。

▲優勝おめでとうございます!


そしてなんと、、、日本の得意とするラジコン型も今年初めて海外勢に横綱の座を譲る結果に。優勝したのはメキシコのチームです。優勝したチームのみなさん、おめでとうございます。そしてロボット相撲発祥の国、日本の戦いはここからまた始まりますっ!!