お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

12/18-12/22は世界のクリスマスソング特集 ~初日は「常夏ハワイのクリスマスソング」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今週1週間は「世界のクリスマス・ソング特集」と題しまして、普段はなかなか聴く機会がないであろう世界各国のクリスマス・ソングを特集していきます。
今日は手始めに常夏「ハワイ」の「クリスマスソング」をお届けしました。

ご紹介したのは、ビング・クロスビーの『メレ・カリキマカ』

「メレ・カリキマカ」はハワイ語で「メリー・クリスマス」の意味で、歌詞は英語になりますが「ジングルベルをスチールギターが奏でている」「椰子のあいだから、星が明るく輝いている」と、ハワイらしい〝寒くないクリスマス〟を表現しています。ビング・クロスビー以外でも多くの歌手がカバーしているほか、ウクレレや、フラダンスの練習曲として知られるナンバーです。

さて、ビング・クロスビーといえば、最も売れたレコードと言われる『ホワイト・クリスマス』が有名ですね。1942年に発売されヒットしたあとも毎年クリスマスシーズンにはチャートインし、累積の売上枚数は5千万枚以上とも言われています。クロスビーは、このヒットを受けて『サイレント・ナイト』『赤鼻のトナカイ』など多くのクリスマスソングを吹きこみ「クリスマスソングの王様」と呼ばれるようになったそうです。

初日の今日は、常夏・ハワイの「クリスマス・ソング」
ビング・クロスビーの『メレ・カリキマカ』、同じくビング・クロスビーの『ホワイト・クリスマス』をお届けしました。

常夏のハワイでのクリスマスというのも素敵ですね。
いずれは、「アロハ~」なんて言いながら、ハワイで過ごしてみたいです。
あしたは、どこの国の「クリスマス・ソング」でしょうか。お楽しみに。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。