お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

ブラジルのクリスマス 女子は赤いビキニでパーティ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今週1週間は「世界のクリスマス・ソング特集」と題しまして、普段はなかなか聴く機会がないであろう世界各国のクリスマス・ソングを特集しています。
2日目の今日は、ブラジルのクリスマスソング。『ボアス・フェスタス』をブラジル生まれの歌手「小野リサ」さんのバージョンでお聴きいただきました。

ブラジル音楽「ボサ・ノバ」を日本に広く普及させたことで、ブラジルから勲章もいただいている女性歌手ですね。

曲名の「ボアス・フェスタス」はポルトガル語で、「ボア」が「素晴らしい」「良い」という意味。「フェスタ」は「お祭り」「祝日」ですので、直訳すれば「良い祝日を!」となります。どちらも複数形の「S」がつくのは、「クリスマス」と「お正月」の両方を祝うからだそうです。なんだか雰囲気がゆったりとした曲ですが、歌詞は「サンタさんのおじさんは来ないけど、もしかしたら、サンタさんも幸せを持ってないのかな」と、ちょっと切ない内容です。

国土が南北に広いブラジルなので、ひとまとめにはできませんが、クリスマスとお正月はお休みになって、大晦日と元日は、全国的に花火が打ち上げられることが多いそうです。
クリスマスのこの時期、ブラジルは真夏。

「サンタのコスプレ」は赤い帽子だけで、あとはハーフパンツやTシャツに赤を取り入れるだけ…というケースも多いそうですが、中には、真っ赤なビキニに、サンタの帽子という女性もいるとか。
「夏だ! クリスマスだ! ひゃっほー!」といったところでしょうか。クリスマスは「冬で寒い」という日本では想像もつきませんね。

ちなみに「クリスマス」は、ポルトガル語で「ナタル」。そもそもが「誕生」という言葉でキリストの誕生が語源だそうです。

人々が常に明るく、また、真夏のクリスマスというのも素敵ですね。いずれはブラジルで過ごしたいと思っています。
あしたは、どこの国の「クリスマス・ソング」でしょうか。お楽しみに。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。