お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2017年、雨が一番多かったのは、土曜日だった?!【気象予報士が検証】

ジェーン・スー 生活は踊る

番組お抱え気象予報士・増田雅昭さんのお天気コラム。今日は、今年の天気の振り返りをお送りしました。

土曜日の雨は本当に多かったのか

蓮見アナが毎週気にしていた「土曜日の雨」
蓮見アナがパーソナリティを務めるラジオ番組「まとめて土曜日」の放送中(朝6時〜)に雨が降っている印象がありますよね。「お湿りサタデー」なんて呼ばれちゃってますが・・・。今年の1月〜先週までの50週、曜日別にどれだけ雨が降っているのか、東京で1ミリ以上の雨が降った日数を調べてみました!

すると・・・月曜日に雨が一番降っている(50週のうち18週)ことがわかりました。土曜日は、月曜に次いで2位(50週のうち15週)。

ただし、この数字は、今年1月〜12月のもの。「まとめて土曜日」が始まった4月から集計すると・・・一番雨が降っていた曜日は土曜日!(38週のうち15週)しかも、番組が始まる前(今年の1月〜3月)の土曜日は、一度も雨が降っていないんです。

ちなみに、去年は土曜日が、7曜日の中で最も雨が降らない曜日だったんです。過去10年の平均(東京・1ミリ以上の雨日数・曜日ごと)でも、土曜日は一番雨が降っていません。やはり、蓮見アナは、雨男・・・?

細かく見ると雨が降る曜日は年ごとに違うのですが、曜日で明らかに変わっているのは「気温」。特に都市部では、週末・祝日になると気温が平日より少し下がります。人が少なくなって、出される熱が減ることが影響しているのでしょう。平均でほんの0.数℃の気温差ですが、冬はその差が雨か雪かを左右することもあります。ちなみに、2000年代に東京都心で5cm以上雪が積もったのは、いずれも週末・祝日・月曜日の明け方です。2014年2月の2週連続の大雪も週末、2013年の成人の日も祝日に雪でした。

平年って過去何年間のこと??

年末ということで、今年このコーナーで扱った「天気予報」でよく聞く言葉について、復習しました!
▼「平年」は・・・過去30年間の平均を言います。今は1981〜2010年の30年を平均しています。
▼「非常に激しい雨」は・・・1時間で50~80ミリの雨。街中で冠水が増えるような雨です。
▼「北寄りの風」は・・・北のほう“から”吹いてくる風です。風向きに少し幅がある時に使います。
みなさん、覚えていましたか??天気予報を聴く時の参考にしてくださいね!