お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「文化系大新年会2018」Part2▽TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年1月1日放送分▽鈴木謙介、常見陽平、西森路代、矢野利裕、塚越健司、倉本さおり、宮崎智之、斎藤哲也ほか

文化系トークラジオ Life ニュース版

宮崎智之さん&charlie(鈴木謙介) 撮影:ササキミチヨ

出演:charlie(鈴木謙介)、宮崎智之、常見陽平、西森路代、倉本さおり、塚越健司、矢野利裕、斎藤哲也ほか

「文化系大新年会2018」Part2(23’24″)

◯生放送限定プレゼント企画
・双子のライオン堂さんの文芸誌『しししし』と
 現代文化研究会の同人誌 『F』を生放送を
 お聴きのリスナー限定でプレゼント

◯第一と第二
・将棋漫画『3月のライオン』に没入(リスナー)
・必ずしもテレビを必要としない
 「第二芸能界(マキタスポーツさんが提唱)」(リスナー)
 →第一芸能界は日に日に元気が無くなる(リスナー)
 →テレビの相対的衰退(charlie)
 →舞台などで活躍する人がネットをうまく生かす(西森)
 →復帰の足がかりなのかそこでやってくのか(charlie 以下c)
 →テレビに出なくなってもネット上でファンが可視化(矢野)
 →ど真ん中でやれない人にも活路(矢野)

・メディアの効力が変わりつつある(西森)
 →テレビは実はアマチュアリズムだった(矢野)
 →「伝統に縛られない」からはじまったはずのジャニーズ(矢野)

・「第二で活躍したい」という方向性(宮崎)
 →ライブメディアの投げ銭性(宮崎)
 →逃げ場としての第二ではなくそこで固定客を得てやっていく(c)
 →テレビに出なくても固定客のいるミュージシャンの世界
・東京中拾いきれないくらいの2.5次元系舞台(西森)

◯新しい出会い方
・キンコン西野さんの「芸能人は認知者」発言(宮崎)
 →人気者は第二と親和性が高い(宮崎)
 →自分にとって有名であればいい(常見)

・Web で宣伝し興味を持った書店に置く『発酵文化人類学』(倉本)
 →最近のベストセラーに多い型(倉本)

・第一のひとが第二的に入ってもいいんだ、と気づく(c)
 →次は客の側(c)
 →人気者になるにも認知されないと、の状況(c)
 →2.5なら原作がある(西森)
 →認知を拡げるきっかけがあればお金を入れる人も(c)

・フィルターバブルの本来の良さ(塚越)
 →好きなものに出会えた瞬間に底を拡げていける(塚越) 

          text by 千葉彩佳     

◯Life関連アーカイブ

2014/06/22「里山ウェブの時代」
https://www.tbsradio.jp/life/20140622/index.html

2015/02/22
「No Music, No Life?~音楽はいまどう聴かれているのか」
https://www.tbsradio.jp/life/20150222no_music_no_life/index.html

このパートでかけた曲
●hide with Spread Beaver “Ever Free”(常見陽平さん選曲)
ever free

◯参考資料
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)ジャニ研!: ジャニーズ文化論ジャニーズと日本 (講談社現代新書)SMAPは終わらない~国民的グループが乗り越える「社会のしがらみ」Λ(初回限定盤)(DVD付)発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ