お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

中島みゆきの「犬にまつわる曲」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

明けましておめでとうございます。    
今週は、戌年にちなんで、「犬」にまつわる名曲をお届けしています。きょうは、1994年に発表された、中島みゆきさんの名曲「空と君のあいだに」をお送りしました。

1994年、流行語大賞に輝いた言葉の一つに、強烈なものがありました。それが「同情するならカネをくれ」。この流行語は、ドラマ「家なき子」の主人公、すずの言葉です。当時、12才だった安達祐実さんが、苦難の多い少女を見事に演じ、最高視聴率31.5%をマークするなど、社会現象にもなりました。過激な暴力やイジメなど、殺伐なシーンが多いドラマの中で、ホッとするのが、柴犬の「リュウ」とのやりとり。複雑な家庭環境で育った安達祐実さん演じる「すず」が唯一心を許していたのが、柴犬のリュウだったのかもしれません。家がない主人公の少女に寄り添う愛犬の姿は印象的でした。

そんなドラマの雰囲気にマッチして、大ヒットしたのが、中島みゆきさんが唄う主題歌「空と君のあいだに」。歌詞は主人公のすずの愛犬「リュウ」の目線から描かれているのが特徴で、犬の低い目線から見えた「空」と「飼い主」を描いていると言われています。歌を聴くと、12才の頃の安達祐実さんと柴犬の「リュウ」の姿やドラマの情景が目に浮かびますね。

明日も「犬にまつわる曲」をご紹介します。お楽しみに。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。