お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

犬の問題行動をトレーニングするプロ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

毎週金曜日は、「プロの仕事」と題してお送りしていますが、きょうは戌年にちなんで、「犬の訓練士、ドッグトレーナー」に関するお話。
          
「愛犬に癒されたい」。そう思って、ワンちゃんを迎えた所、子犬の世話が大変で、かえってストレスが溜まってしまう。そんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるかもしれません。「人間と暮らす事が難しいワンちゃんを鍛え直したい」。そんなニーズに応えているのが、犬の訓練士、「ドッグトレーナー」です。そこで今回は「ドッグトレーナー」のお仕事について、千葉県佐倉市にある犬のしつけ教室「犬の保育園 わんだふるライフ」の山口園長に色々教わりました。
    
まず、飼い主さんからはどんな依頼が多いのか?一番多く寄せられる相談内容は、「トイレが覚えられない事」。他にも、人や犬が苦手、無駄吠えをする、噛みつき、散歩で引っ張る、拾い食い、甘噛み、吠える、家具をかじってしまう…などの悩みが多いそうです。なお、成犬、大人になってから通うワンちゃんもいるそうですが、4ヵ月から6ヶ月頃の子犬が多いそうです。トレーニングの効果が現れて、問題行動が減ってくるのは、ワンちゃんによって、差があるそうですが、一般的には週1、2回のペースで、3ヶ月ぐらい通う方が多いそうです。

家庭でしつけが出来なくなったワンちゃんを訓練するドッグトレーナー。お仕事のやりがいは、どんなところにあるのか?「犬の保育園 わんだふるライフ」の山口園長によりますと、難しいのは、1頭1頭、性格や特徴、飼育環境などが違うので、その子に合ったトレーニング内容や方法をその都度考える事。いろいろ試行錯誤を繰り返し続ける中で、ワンちゃんと心が通じ合ったと思えた時は、とてもうれしい気持ちになって、元気をもらえるそうです。

また、飼い主の方から「生活がすごく楽になった」、「毎日イライラしなくてすむようになった」、「こんなところが変わってきた」など、トレーニングに対しての結果や喜びの声をいただいた時に、やりがいを感じるという事です。

では、犬のトレーナーさんになりたい人は、どういう資格が必要なのか?山口園長によりますと、これといって、必ず必要になる資格というのはないそうです。ただ、求人数も少ないので、大学や専門学校などで犬の行動学や学習理論などを学んで、実際にいろんなワンちゃんと触れ合うのがおすすめだという事でした。愛犬の問題行動にお悩みの方、お近くのドッグトレーナーに相談するのもいいかもしれません。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。