お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

あなたが食べている鱈は、本物の鱈ですか?

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

身が雪のように白いから、魚へんに「雪」と書いて「鱈」
名前の由来は諸説あるようですが、冬においしいこの魚には、ぴったりの漢字ではないでしょうか。

鱈は、【タラ目タラ科】の魚で、「タラちり」に使うのは、マダラ。
身がやわらかく、よく加工品に使われているのが、スケトウダラです。
そして、西京漬けにするとおいしいギンダラは・・・・タラの仲間ではございません!これは【カサゴ目】に属するそうです。

さて、この中から今日注目するのは「マダラ」。日本各地にはマダラを使った郷土料理がたくさんあります。

たとえば、岩手県では、鍋や煮物に加え、「マダラのお刺身」も食べます。マダラは鮮度が落ちやすい魚なので、新鮮なものが手に入る「産地」ならではの食べ方です。加熱用のマダラをお刺身で食べるなんていうことは、くれぐれもなさらないようにご注意を。

また、富山県や石川県には、「鱈の子づけ」という郷土料理があります。こちらは、マダラの身を昆布でしめてそぎ切りにし、炒り煮したマダラの卵をまぶしたものです。昆布でしめると水分が減って身がしまり、マダラの甘みもひきたつそうです。

そして、この時期なんといってもおいしいのは、あったかい汁物。「山形県のどんがら汁」は、味噌ベースの汁に鱈の身、頭、はらわた、そして、豆腐や、ねぎ、大根などを入れた料理です。青森県では「じゃっぱ汁」という名前で、味噌味だけでなく、塩味のものも親しまれています。

冬の味覚「鱈」にちなんだこんな言葉があるのをご存じでしょうか。

「鱈汁と雪道は後がよい」

鱈汁は、煮込んだほうが、だしがよく出て美味しい、雪道は、人が歩いたあとを歩くほうが歩きやすい・・・という意味です。

これからさらに寒くなっていくと思います。鱈のお料理であったまって、雪道は気をつけて歩きましょう!

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。