お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

海水、岩塩、藻塩・・・料理によって使い分けてみよう!

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

1月11日は「塩の日」
同盟を破棄したことで今川氏の怒りを買い、甲斐の国への塩の流通をストップされてしまった武田信玄。しかし、ライバル上杉謙信が、信玄に塩を送ってその窮地を救った。そんな逸話にちなんで制定された記念日です。当時、信玄の領地であった、現在の長野県松本市に、越後からの塩が到着したのが、1569年の1月11日だったそうです。

さて、信玄と謙信の時代に、塩が重要だったように、塩は私たち現代人にとっても大切なものです。ただ、あの時代と違うのは、たくさんの種類の塩が手に入るようになったこと。いろんな塩を、楽しめるようになったことでしょうか。

塩にはどんな種類があるのか・・・
わかりやすいのは、原材料の違いです。もしいま近くに塩があるなら、パッケージをご覧ください。「原材料」の欄にはなんて書いてありますか?海水、岩塩、藻塩といった表記があると思います。
日本では、海水からとった海水塩がポピュラーかもしれません。海水をどこでくみ上げたのか、どんな製法でつくられたかで、味わいが違います。たとえば、火で炊いてつくったものと、天日で結晶させたものでは、粒の大きさや食感がかわってきます。
岩塩は、岩塩層という地層から採掘される塩です。もともとは、大昔に大地に閉じ込められた海水。日本では採れませんが、全世界の塩生産量の6割がこの岩塩です。白、ピンク、紫、青など、色のバリエーションがあるので、食卓にいろどりを添えたいときにも使えます。また、このほかにも、湖でとれる塩、地下水からとれる塩、海藻からとる「藻塩」といったものもあります。

こうしたいろんな塩を、目的に応じて使いわけてみてはいかがでしょうか。牛肉の旨味を引き出すなら、鉄分を多く含んだものを…鶏肉の脂のくさみが苦手なら、カリウムを多くふくんだものを…こんなふうに塩を変えただけで「あれ?料理の腕があがったんじゃない?」なんて言われるかもしれませんよ。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。