お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

香川の鳥インフルエンザ。きょうまでにおよそ9万羽以上を殺処分!

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

dc_header_bg7

▼香川県さぬき市の養鶏場で、鶏から病原性の高いH5型の鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、
香川県は、きょうもこの養鶏場などで合わせておよそ9万2000羽の処分を続けています。
▼政府はけさ、菅官房長官を議長として関係閣僚らが出席し、対応を協議する会議を総理官邸で開きました。
▼一方、鳥インフルエンザといえば、おととい、都内でも「疑い例」が見つかっています。
▼環境省はおととい、大田区の公園で先週見つかったオオタカの死骸から鳥インフルエンザの遺伝子検査で
陽性反応が出たと明らかにしました。
▼現在、茨城県つくば市の施設で「確定検査」をしている最中で、1週間程度で結果が出るということです。
▼都内で「疑い例」が見つかったのは、この冬、初めてです。

今年の鳥インフルエンザ。ウイルスの性質や傾向などはどのようになりそうなのか?
京都産業大学・鳥インフルエンザ研究センター長の大槻公一教授に聞きました!

※詳しくは音声でどうぞ!