お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「たった3つの具材」で、「たった10分」で出来る絶品“ビーフストロガノフ”

ジェーン・スー 生活は踊る

これまで料理をしてこなかった人や、料理はするけれど「なんとなくおっくう」「面倒くさい」と思っている人にオススメしたいのが「小鍋料理」。1〜2人分の鍋料理を作るのに重宝する小鍋ですが、それだけではなく、実は使い方次第で、パスタでも麻婆豆腐でも自由自在にいろんな料理ができてしまいます。今回は「誰もが作りやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい料理」をテーマに、数々のベストセラーがある料理研究家の小田真規子さんに「魔法のツール“小鍋”で10分、本格ラクチン・レシピ!」を教えていただきました。

基本は、具材を用意し、スープと合わせ、仕上げる

小鍋料理のよいところは、少ない水分と調味料で、効率よく「煮る」「炊く」「蒸す」「ゆでる」ことができる点です。煮汁や素材を温めるのも、すくない量で、短時間で済みます。そこで基本となるステップは 具材を用意し、スープと合わせ、仕上げる。この3ステップを忠実に守っていただければ大丈夫。鍋ひとつあれば、なんでもできます。

ケチャップ、ソース、牛乳で作る本格味【小鍋でビーフストロガノフ】

材料(2人前)
【具材】
●牛薄切り肉に小麦粉をからめたもの200g
●たまねぎ1個、こちらは縦半分に切り、繊維を断つように1cm幅に切ったもの200g
●シメジを小房に分けたもの1パック100g

【ソース】
●水1カップ、塩小さじ1/2、ケチャップ大さじ3、中濃ソース大さじ3

【仕上げ】
●牛乳1/4カップ

【作り方】
▼鍋にたまねぎ・シメジを広げ、牛肉をほぐしてのせる
▼続いて【ソース】を作ります。先ほど用意した塩、ケチャップ、中濃ソースを順にかけ、水を注ぎふたをします。
▼中火で煮立て、そのまま5分間煮てください。
▼上下を返して、【仕上げ】用に用意した牛乳を加えて、弱火で5分間煮て完成です。
※お好みで生クリームを加えてもOKです。

土鍋を使ってデザートに挑戦!【土鍋プリン】

材料
【スープ】
●卵3個
●牛乳300ml
●砂糖50g
●バニラエッセンス2ふり

【ソース】
●お好みのフルーツ150g
(キウイやいちご、オレンジ、ブルーベリーなどがよく合います)
●砂糖小さじ2
●レモン汁小さじ1、
●ミント10枚
●ホイップクリームを適宜

【作り方】
▼土鍋に牛乳、砂糖を入れ、弱火にかけて砂糖が溶けるくらいの人肌まで温めます。
▼ボウルで卵を溶いて、先ほど温めた牛乳と砂糖を注ぎ、混ぜます。さらにバニラエッセンスを加えて、万能こしでこしながら土鍋に戻します。
▼ふたをして中火にかけ、30秒たって、熱がこもったら弱火にして、10分〜12分蒸します。
▼火を止めてそのまま10分蒸らします。これでひとまず完成。そのままいただいても、または冷蔵庫に入れて十分冷やしてもいいです。

さらに工夫する場合は…
▼ソースのフルーツは食べやすく切り、ミント・砂糖・レモン汁を加えてあえ、
砂糖が溶けるまで冷蔵庫で1〜2時間冷やします。
最後に、スプーンで盛り付け、ホイップクリームを添えて完成です。

さらに詳しいレシピを知りたい方は、小田さんの著書「なんでも小鍋――毎日おいしい10分レシピ」をご覧になってみてください。
まいにち小鍋―――毎日おいしい10分レシピなんでも小鍋