お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

XOX リーダーとまん番組出演ラストDAY

THE ARTIST BOX

毎週土曜日、深夜3時からTBSラジオをキーステーションにお送りしている「THE ARTIST BOX」内、XOXの「XOX &radio(キスハグキス アンドラジオ)」

 

2018年1月13日(土)

今週は9月のアンラジ1時間スペシャル以来!?メンバー5人全員揃っての放送となりました!

30分を越える収録だったため、未公開トークが満載です!

 

 

とまん「つばさ、久しぶりー!」

つばさ「久しぶり!」

とまん「1月7日でつばさが二十歳の誕生日を迎えましたね!」

つばさ「二十歳ってことでね、頑張って参りましょう!」

とまん「これでXOXにフレッシュさがなくなったね。」

つばさ「おい!」

バトシン「誕生日は何かしたの?」

つばさ「(地元の)広島で家族といたよ!」

4人「いいじゃん!」

とまん「じゃあ、ラジオドラマも聴いた?」

つばさ「聴いた!俺とだおちゃんは別録りだったけど、めちゃくちゃいい感じになってて編集って凄いなって思いましたね!」

バトシン「やめろ!笑」

とまん「でもスタッフさんの編集が凄かったよね!笑」

さだお「BGMとかもあったしね!」

つばさ「そう!録ったときはBGMとかなかったから、音楽と合わさるって素敵だなって思った!」

とまん「ここでドラマの感想メールを読みますね。」

 

■ラジオネーム 彩花 

ラジオドラマsnow whiteとても感動しました。

りくくんの憎めないやんちゃなガキ感がすごいすきでした笑
つばさくんのお兄ちゃん想いでやさしいところ、ジョンのたくましい吠えっぷりが印象的でした。結末はハッピーエンドじゃなかったけど5人の役が
全部引き立っていてすごくいいドラマでした。

しかし「憎めない」という漢字が読めなかったとまんにツッコむ4人。

 

つばさ「(メール)いいこと言ってくれるね!」

バトシン「俺ととまんのことが書かれてないけど・・。」

とまん「いたんだけどね・・。笑」

バトシン「だおに至っては、犬やからね!」

さだお「ははは。でも嬉しいですね!」

とまん「これが5人で行う、最初で最後のラジオドラマになりましたね。」

 

XOXのリーダーとまんがグループの卒業に伴い、この番組の出演も今週でラストとなりました。

 

とまん「寂しい・・。大好きなラジオがなくなっちゃいます(涙)」

バトシン「今日の収録に来るまでどんな気持ちだった?」

とまん「でもね、正直まだ実感ないかも。2週に1回くらいのペースでここに来てるから新年が明けた収録って感じ。」

理来「いつもと変わらない!?」

とまん「うん、次の収録もいるのかなって思っちゃう!笑」

バトシン「では、ここからはとまんの原稿が白紙です!」

とまん「そうなんですよ。僕のページがないんですよ・・。」

つばさ「みんな原稿見せちゃダメだぞ!!」

 

■ラジオネーム みさき 
XOX
のみなさんこんばんわ!
そしてとまんくん、卒業おめでとうございます。
正直、とってもとっても寂しいです。
XXXの時からイベントに行くようになって、私はそれまで全然楽しくなかった毎日が180度かわって楽しくなりました。嫌な事があってもとまんくんに会うために頑張ろう、XOXのみんながいるからって頑張れました。
とまんくんの卒業は本当に寂しいけど、とまんくんが決めた事だから
これから先もずっととまんくんの事を応援してるし大好きです。
これからも私にとってとまんくん、そしてXOXのみなさんは元気の源であり、私の笑顔の源です。本当に出会えてよかった。ありがとうございました!

 

とまん「わ〜嬉しい。感動するね。ありがとうございます。」

つばさ「どうですか?」

とまん「とまんとしては笑顔を届けられるけど、キスハグとしては、届けられなくなるから寂しいな。」

 

■ラジオネーム やまもとさき 
とまんくん今までリーダーとしてキスハグを引っ張っていってくれてありがとうございます。1番ファンの目線に立って考えてくれたり、感じてくれたのはとまんくんで、ありがとうがいっぱいです。これからは個人で活動ですが、とまんくんの自分を貫く強さは、とまんくんにとっても大きな強みになると思います。とまんくんにいつかキスハグをさすが家族だなって思ってもらえるくらいにキスハグ大きくなります。これからも応援してます。ありがとうございました!

 

理来「感動だね・・。」

つばさ「こう言ってもらえると嬉しいね。」

とまん「とまんがいてよかったなってメンバーに思ってほしいし、自分もこのグループにいてよかったなって思ってもらえるようにお互いになりたいよね!」

さだお「うん!」

バトシン「それはもちろん!家族ですから!」

 

■ラジオネーム あまちゃん

とまんさん、こんばんは。ついにこの日が来てしまいましたね。

正直とっても寂しいです。とまんさんに会えなくなるわけじゃないし卒業してもみんな仲良しなのは分かっていますが、やっぱり5人でのイベントやライブが見れなくなるのは寂しい。卒業ライブ、しっかり目に焼き付けます。気が早いですが、今度はゲストとしてアンラジに出てください!話は変わりますが、今までラジオをやる中で印象に残っていることや、楽しかったコーナーはありますか?私はみんなが優勝の記念に行った、大江戸温泉ロケが思い出に残ってます!

 

バトシン「俺もゲストで来てほしいって思ってた!」

とまん「そうだね!印象に残ってるのは僕も大江戸温泉かな!ロケに行く前にボイメンさんとlolさんと一緒にライブをやったじゃん!キスハグってあんまり対バンをする回数が少なかったなって思うからこうやってラジオを通してできたことが嬉しかったし、仲良くもなれたし、アンラジ自体が凄く大切な時間だったなって思いますね。」

つばさ「自分のコーナーはどう?」

とまん「とまんのお悩み相談室は、ちゃんと役に立ったのかなっていうのが心配・・。」

理来「立ってるよ!!」

バトシン「前向きになれた人いっぱいいると思うしね。」

とまん「引き続きやってるのでみんなLINEに悩みを送って下さい(笑)」

理来「俺がとまんのURLを貼っときます!」

バトシン「詳しくはオフィシャルTwitterで(笑)」

つばさ「やばいやばい!」

理来「けどさ、こうやってみんなのメールを読んでると、いよいよ卒業なんだなって思って寂しくなるよね・・・」

さだお&つばさ「うーん・・・。」

バトシン「しんみりした空気になってるから!ここで、あれ聴いちゃいますか!」

とまん「え、なに??」

 

ということで、過去にとまんがXOXのシングルタイトル「XXX」を『キスキスキキュ』と噛んでしまった時の素材が流れました!

5人「(爆笑)」

さだお「かわいいな、これ。」

とまん「何回流すのこれー!!笑」

バトシン「この間MVPに理来が選ばれたけど、やっぱ俺はこれが1番やなって思うわ!」

さだお「これを越えるものはないと思うよね!」

バトシン「これがもう聴けなくなるのかー!」

とまん「僕がいなくなっても、ジングルとして流してもらえばいいじゃん!笑」

つばさ「これでだいぶ(空気が)なごんだね!」

 

バトシン「では、ここでTHE ARTIST BOXを一緒にやっている2くりからも・・」

4人「(爆笑)」

さだお「カラクリみたいになってる!大事なとこ!!」

バトシン「ごめんね!2組からのコメントが届いてます!」

とまん「わー!嬉しい!」

 

《ボイメン&lolから心温まるメッセージが》

 

とまん「ボイメンさんのお兄さん感が凄いね!lolはデビュー時期も近くて共に頑張ってきた感じが勝手に僕の中にあって・・だから寂しくなるけどまた2組ともお会いできると嬉しいです。ありがとうございます。」

バトシン「出会いって大切やね。」

 

最後は、4人からとまんへ・・・。

 

バトシン「(とまんとは)ずっと繋がってると思うから、最後っていうけど違うと思うし。メールでも頂いたように今度はゲストで来てもらいたいし。」

つばさ「毎回来てもいいけどね。」

とまん「そしたら今までと変わらんやん!」

つばさ「いいじゃん!変わらなくて!」

バトシン「ずっと家族だと思ってるんで、さよならじゃなくてこれからも宜しくお願いします。ありがとねほんとに。」

とまん「ありがとう。」

 

さだお「とまんと出会ってからは、自分の扉を開けてくれたり人として成長させてくれたり、1番尊敬してる人でもあるので、これからは一緒に活動はしなくなっても、とまんが頑張ってるから僕も頑張らなきゃなってプラスにしていくと思います。これからもプライベートで一緒に仙台に帰ったりもしたいしね。」

つばさ「仙台帰ってたねー!」

とまん「ウチの家族がだおを凄く好きなんですよ。」

さだお「とまんも大好きでしょ!?笑」

とまん「(笑)」

さだお「それに仙台で僕がやったことがないことをできたりして、釣りとか。」

とまん「田舎だからね!」

理来「確かに田舎だから!」

バトシン「(三重も)田舎やけど釣りしたことないわ!やりたい!」

とまん「じゃあ、みんなで行く?交通費はウチのおばちゃんが出してくれると思うので!」

バトシン「よっしゃー!」

つばさ「(おばちゃん)番組聴いててくれたら嬉しいな!」

さだお「なので、これからも一緒に思い出を作っていけたらいいなと思います。宜しくお願いします。」

とまん「宜しくお願いします。」

さだお「ありがとう。」

 

つばさ「えー・・お世話になりました。そして、これからもたくさんお世話になると思います。1番最初にこのグループに入ったときから支えてもらっているわけで、リーダーっていうのは、自分たちの中でもすごい支えだったし、リーダーっていう存在があるからこそ、とまんさんの一言でまとまったりすることが多かった。ケンカもしたけど、それが俺たちにとって人生のターニングポイントというか何かのきっかけになったし、それをこれからもとまんさんにはいろんな人に届けてほしいし、俺たちもそれをとまんさんに届けるし・・家族じゃん、それを俺たちは失ったわけじゃないし、死なない限りは一生なので!これからも宜しくね。」

とまん「うん、ありがとう。」

 

理来「僕は、とまんさんがXOXのリーダーで本当によかったなって思っていて、仙台のWEGOで最初に会ったときは『なんだコイツ?』って思ったけど。」

とまん「そう!店員とお客さんとして会ってね。笑」

理来「本当にこの人とグループ組むってなったときは驚いたけど、それから一緒にいる時間を重ねてたくさん助けられてきたし、XOXのリーダーとして1番頑張ってたし、俺等のことも、ファンのことも1番見てくれてたのはとまんさんだと思うから、卒業してもXOXのとまんであったことは変わりないからここをHOMEとして、お互い支え合って頑張っていけたらいいなって思います。本当にありがとう。」

とまん「ありがとう。」

 

最後はとまんからリスナーやファンの方へ。

とまん「何から話していいかわからないし、、、今日でラジオが最後ってことも実感してないんですけど、(卒業を発表したことで)ファンの皆さんを傷付けてしまったなって言うのは変わらない事実ではあるので、自分達で決めたことだけど、そこが本当にごめんねって思う気持ちです。変わらない真実はメンバーのことが大好きってことなので、そこだけを信じて応援してほしいなって思います。メンバーのこともとまん自身のことも・・・・うーん、上手く伝えることができないな。」

つばさ「上手く伝えなくていいんじゃない?」

とまん「・・これが真実なので、4人と1人になるけど変わらず応援してほしいなって。そして1年4ヶ月あっという間だったなってアンラジを通してはそう思います。」

つばさ「俺たち5人がいたってことが事実だから。」

とまん「そう。みんなの記憶に残ってくれたらなって思います。」

 

【 M:くしゃくしゃ/XOX 】

 

つばさ「なんでこの曲を選んだの?」

とまん「この曲はインディーズ時代から応援ソングとして、ライブとかでも最後に歌ってきていて、自分自身にもメンバーの皆にもファンの皆にも伝えたいことだなと思って選びました。」

バトシン「(くしゃくしゃは)今だから響くこともあるしね。」

つばさ「めちゃくちゃ響くね。感動するもんね。」

理来「この曲は昔からやってたからね。」

つばさ「・・誰かの背中を押すことができてるのかな?」

とまん「どうなんだろね。でもさっきのメールにもあったように、XOXで助けられましたって書いてあることがXOXとして音楽を届けることができてよかったなって思います。」

理来「音楽は残り続けるからね。」

 

「それでは、来週の土曜日の夜にお会いましょう!XOXのバトシンと。」

「志村禎雄と。」

「田中理来と。」

「木津つばさと。」

「XOXのリーダーとまんでした。」

「またねー!!」

 

(左から:志村禎雄・木津つばさ・とまん・田中理来・バトシン)

 

とまんくん、今度はアンラジのゲストとして帰ってきて下さいね!

今までたくさんありがとう。