お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


1月14日(日)「安住紳一郎の日曜天国」ゲストdeダバダ 古文房具収集家・たいみちさん

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」
1月14(日)のゲストは、古文房具収集家・たいみちさんでした。

約1年半ぶり、3度目の出演となった、たいみちさん。8年ほど前から国内外の古い文房具を集め始め、現在のコレクションは、消しゴム、鉛筆、クレヨン、ふでばこ、ノート、ステープラー、のりなど数千点。トークショーや展示会を行うなど、古文房具収集家の第一人者として活躍されています。趣味として始めたコレクションで、展示会を開くなんて、驚きですよね!たくさんの人を魅了しているコレクションなんです。

そんな、たいみちさんの古文房具収集、今回は、、

石でできた小さな黒板のようなものと、石筆で文字を書く、
「明治時代の学習ノート『紙製石版」

斬新なものから、硬派なものまで、個性が図抜けいている、
「アイデア満載、鉛筆削り」

文房具と思ったら、帽子屋さんの加工道具、、、コレクターの苦労をお届け、、
失敗コレクション2017

という3つのテーマでお話して頂きました!

さらに実際のアンティーク文房具を持ってきて実演もしてくださいました!何といっても100年以上も前のものが、時を越えて動き出す様子は、言葉では表現できないくらいの、感動がありました!たいみちさんもおっしゃっていましたが、「安く手に入るものも多い」「当時の人と同じように体験することができる」というのが、本当に魅力的な要素ですよね!

たいみちさんのコレクションに、安住アナも中澤さんも、童心に戻ったようにはしゃいでいました!笑 身近だけれども、アンティークなおしゃれさを持つ古文房具、人気が出るのも納得です。ただ、資料が少なく、出品者もよく分からないままネットに出品されることも多いのだそう。注意して書う必要もあるみたいです!

今日のゲスト、たいみちさんのコレクションが見られる本、

「古き良きアンティーク文房具の世界:明治・大正・昭和の文具デザインとその魅力」

が誠文堂新光社より、税別1800円で発売中です。

コレクションのデザインや色合いだけでも、とても楽しめる一冊です。ぜひお手に取って見てください!

古き良きアンティーク文房具の世界: 明治・大正・昭和の文具デザインとその魅力