お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

1300年を迎える鳥取県大山寺とは

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

リスナーの方から頂いた「大山開山1300年祭」にまつわるお便りを紹介しました。

鳥取県西伯郡にある大山寺は、養老2年、出雲の国のお坊様により開創され、2018年に、1300年を迎えます。
大山は、平安時代から、神の宿る山として信仰され、全国からたくさんの人々が往来し、その道沿いに並ぶ宿が繁盛しました。「大山おこわ」や「大山そば」は、これらの影響を受けた味覚として、いまも受け継がれています。

「大山開山1300年祭」は、昨年からプレイベントが行われていて、すでに盛り上がっているようです。
本格的にスタートするのは、今年5月。5月20日に行われる「開創法要」を皮切りに、様々なイベントが行われ、11月下旬まで続くそうです。たとえば・・・

●地域に伝わる伝統行事を体験できるプロジェクト
●美しい自然を満喫できるプロジェクト
●新鮮な食材をつかった料理のプロジェクト・・・など。

雄大な大山らしいスケールの大きなお祭になりそうですね。そして「大山おこわ」は、季節の野菜ともち米のおこわ。「大山そば」は、地元産のそば粉で打ったおそばだそうです。どちらも魅力的です!

皆さんも、今年の旅の予定に、鳥取県の「大山開山1300年祭」加えてみてはいかがでしょうか!

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。