お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

年に2回のおやすみ「藪入り」とは

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

1月16日は「藪入り」です。いまは知らない人も多くなっているこの「藪入り」、どんな日だったのでしょうか。

江戸時代の商家では、奉公人は、住み込みで働くのが普通でした。10歳前後の子どもたちも、親元を離れて働いていましたから、きっと家を恋しく思いながら毎日を過ごしていたことでしょうね。

さて、そんなひとたちには休暇をもらって帰省できるチャンスが、年に二回ありました。
それが「藪入り」です。
職人さんたちの世界でも、住み込みのお弟子さんたちは、この藪入りにお休みをもらっていたようです。
  
藪入りのお休みがもらえるのは、お正月とお盆の年に二回で、日付でいえば、1月16日と7月16日の前後。名前の由来は、「深い薮に分け入って故郷へ帰ってゆくから」なんていう説もありますが、それは定かではないそうです。
また、藪入りは、「故郷に帰る日」というだけでなく、「遊びに行っていい日」でもありました。商家のご主人は、奉公人に新しい着物をつくってあげたり、お小遣いをあげたり。奉公人たちはそのお小遣いで、芝居小屋に行ったり、好きなものを買ったりして、楽しんでいました。藪入りの日は、露店も出てにぎわったんだそうです。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。