お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

ゲーム中に余計なことを考えないためにはグミかスルメが一番いい! 蒼天のハリーによるゲーム中の飲食論

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■サボってゲームする癖があるのが会社にバレてしまった

趣味と仕事の関わり方については価値観が分かれるもの。どんな関わり方でも構わないから好きなもののそばにいたいという人もいれば、中途半端な関わり方をするくらいならば趣味としてだけ楽しみたい人もいます。

前回の放送に引き続き、「マイゲーム・マイライフ」の今回のゲスト・蒼天のハリーさんは、前者のタイプなようです。蒼天のハリーさんが芸能活動を始める前に勤めていたのはヨドバシカメラ。もちろんゲーム売り場で働きたかったからです。ところが、配属されたのは携帯電話売り場でした。どうしてもゲーム売り場がよかったハリーさんは、店長に直談判。晴れてゲーム売り場の配属になります。

ハリー「ゲーム好きがバレてたし、サボり癖があるのもバレちゃって(笑)。ちょろっと言っちゃったんですよ。これ買ったらまたサボっちゃうなー、みたく。それでバレちゃって、会社とゲームの両立もできなくなって、買うはいいけど積みゲーがたまるたまるで」

結局、あまり自由にサボってゲームをすることもできなくなり、一年で辞めてしまったのだそう。それに対して宇多丸さん

宇多丸「それでも一年は仕事のほうを優先していたわけだから、すごいですよね」

……ハリーさんへの評価ハードルが下がりに下がっています。ハリーさん、前回の放送では「ゲームにハマると基本仕事はサボっちゃう」という非常にレベルの高い廃人発言を繰り出していたのです。

とにかくゲームに関わっていたい、ゲームのそばにいたい、というハリーさんは、仕事中もお客さんとゲームの話で盛り上がり過ぎて戻って来なくなる、なんてこともしばしば。

「リーダーに『あれ? ハリーちゃんどこに行ったの?』って心配されて。私もずる賢いんで、端のほうで見えないところでお客さんと話してて。もうゲームの話をしたくて!」

もしかしたら、仕事中に隠れてお客さんとゲームの話をしていたから、一年仕事が続いたのかもしれません。

■ゲーム中に余計なことを考えたくないからグミかスルメイカしか食べない

この番組では、廃人気質のある方にゲーム中の飲み食いについて聞くことも多いのですが、ハリーさんも例によって“廃人仕様”の飲み食いをしているようでした。

ハリー「私、ゲームやっているときはほとんど飲み食いしないんですよ」

宇多丸「出た……。集中しちゃうから危ないタイプですね」

ハリー「食べるとしたらグミか、スルメイカ」

宇多丸「スルメイカ」

ハリー「噛むと集中できるんですよ」

宇多丸「ああー。ガムとかじゃダメなんですか?」

ハリー「ガムは味がなくなって捨てるのが嫌なんです。スルメイカとグミは食べちゃえばいいし、汚れないから。ガムは、ゲームしていていいところで『味ないなー』って考えるのも嫌なんですよ。ゲーム中はほかのことを何も考えないようにしたいです。飲み物は、飲むとしたら糖分補給のココア」

ネトゲ廃人時代があったという古川未鈴さん(でんぱ組.inc)も、以前この番組でゲーム中にはスルメが一番いい、と熱弁していました。ゲーム会社の皆さん、もしかしたらスルメイカとコラボするのってまだ誰も気づいていないビジネスチャンスなのではないでしょうか。

マイゲーム・マイライフ

■今回のピックアップ・フレーズ

宇多丸「お仕事仲間とか、モデルさんやタレントさんでゲーム仲間っていたりしますか?」

ハリー「あの、仕事仲間だと、所属しているモデル事務所の中では(ゲームする人があんまりいなくて)ゲームをしているとサボっている子のように思われて、ブランディング失敗して友達がいないっていう……」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

【PS VR写真館】(ラジオクラウドと合わせてお楽しみください)

ピックアップ